neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

日本で生活していて、英語がどうしても必要と感じる場面は少ない。

 

しかも、今は優秀な翻訳ツールが提供されていて、

それらを駆使すれば英文だってなんのその。

 

英語の総合力を高めるには、相当な学習量が必要となり、

その勉強時間を、別の事に投じれば、

何か大きな事が出来そうな気もする。

 

そんな理由で英語力アップを敬遠する人は多いでしょう。

 

 

ところが、ネットの世界で活躍しようと思えば、

そんな”甘い考え”を捨てないとダメかもしれないと感じてきました。

 

検索エンジンスターターガイドは基本中の基本

 

『ネットの世界で活躍する!』

というのは、

『サイト運営を生業とする!』という意味。

 

サイト運営において必要な事は、

『良質なコンテンツの提供』ですが、

一方で、Googleの検索エンジンに評価される仕組みを施すというSEO対策が必要なのです。

 

 

よく、SEOに関して、個人のブロガーなんかが

「こうすれば、好評価されますよ!」

「これをすればペナルティを受けます!」

 

なんて記事を書いているのを見ます。

 

これって、どこまで本当か、どこが間違っているか分からないんですよね。

 

でも、実は、SEOに関する正しい答えは、

Googleの公式サイトに書かれている事だけなんです。

 

検索エンジン最適化スターター ガイド

 

しかし、このスターターガイドに書かれている事はあくまでも基本的事項のみ。

 

Googleのアルゴリズムは複雑で、

そのSEO対策をもう少し解読しようと思えば、

違う方法にアプローチする必要があるようです。

 

Googleの公式SEO解説動画が面白い!

 

Googleウェブマスターでは、

SEOに関する情報をYouTubeで発信しています。

 

その内容は、SEOアルゴリズムの最先端の解説や、

基本的事項の説明など、サイト運営にとってのお役立ち情報が満載です。

 

YouTube Preview Image

 

そこで、今回の主題である

『英語は必要か?』

 

GoogleウェブマスターのYouTube動画では、

当然の事ながら英語で解説されています。

 

 

もし、ネイティブスピーキングの英語を全て理解出来る英語力があれば、

SEO対策も(若干の)アドバンテージがあるのではないでしょうか。

 

いくら英語と日本語をつなぎ合わせる便利なツールが発明されてきたとは言え、

リアルタイムで英語を理解することは、ツールの使用では限界がある。

 

文法や慣用表現などを必至で覚える英語ではなく、

必要な情報を得るための英語力を鍛える事は、

サイト運営においてかなり重要ではないかと思うわけです。

 

まとめ

 

ブログやサイトを運営する人たちは、情報の収集力が重要です。

もし英語が堪能であれば、国内の情報サイトのみならず、

海外の有名サイトにもアクセスして新鮮な情報を得る事が出来るのです。

 

 

やはり、日々の生活で使える英語は重要!

 

あとは、努力するのか?

そして、その努力を続けるのか?

 

そこだけなんですよね。

 

サイトを育てるのも、英語力を鍛えるもの、

結局は、自分の努力次第なんです。

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。