neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

Googleでキーワード検索を行った場合、

そこに表示されるサイトは、

情報を求めている私たちにとって、

今後の考え方や行動に大きく影響するもの。

 

 

情報の信憑性は多少疑うものの、そこに記載のある情報は、

多くの場合”鵜呑み”するケースだと思います。

 

 

『だって、インターネットに書いていたもん!』

 

 

こんな理屈が通るほどネットの世界はまじめではないのは、

ネットサーファーならご存知の事でしょう。

 

 

だから、ネットで検索を行う場合は、

『複数のサイトを見ろ!』

と言われるのはこのためなのです。

 

 

検索キーワードで表示されるサイトをいくつか見ておけば、

何が正しいのか整理出来るので、

 

『一つの情報をアテにせずに、いろいろ見ましょうね!』

 

と言う事なのです。

 

 

が!

ここに、実は落とし穴があるんです。

 

 

その検索結果はあなただけのもの?

 

Googleの検索サイトに検索キーワードを入力し、

表示される検索結果って、みんな同じだと思っていませんか?

 

 

実は、これ、みんな違うのです。

 

 

いや、

”人と違う場合がある!”

という表現の方が正しいのかもしれません。

 

 

検索結果が十人十色であった場合、

当然の事ながら、行き着く先(サイト)もバラバラ

 

 

これ、結構知らない人多いんですよね。

 

 

Googleのパーソナライズ機能と言いまして、

Googleにログインする事によって、

ユーザーにとって最適な検索結果を表示してくれる機能なのです。

 

 

実は、とても便利な機能でして、

パーソナライズ機能のおかげで、

ネット検索がスムーズになっていると言ってもいいぐらい。

 

 

全く”落とし穴”では無いのです。

 

パーソナライズが必要な人・不要な人

 

Google使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること

 

つまり、Googleはユーザーにとって有益なサイトを提供する事をなによりも大事に考えて検索アルゴリズムを開発しているのです。

 

ゆえに、検索結果の上位は『有益な優良コンテンツ』が表示されているはず。

 

 

そして、『有益な優良コンテンツ』の位置づけって人それぞれ違うので、

 

『ユーザーにとって最も適したコンテンツを上位表示させましょう!』

 

と”自動的に”表示してくれているのです。

 

 

しかし、このパーソナライズが不要と感じる場面もある。

 

 

それは、自サイトの検索順位を調べる場合です。

 

自分のサイトをGoogleで検索をかけて表示される結果は、

当然の事ながら、パーソナライズされていて、上位表示されます。

 

 

おっ!このビッグキーワードで上位表示されたぜ!

 

なんて気を良くしても、

世界中のみなさまが見ているページは違う場合がほとんど。

 

 

サイト運営社やブロガー・アフィリエイターなどは、

『Googleはパーソナライズされている!』

と言う事を念頭において、検索をする必要があるのです。

 

 

パーソナライズ機能の切り替え方法

 

最後に、パーソナライズを解除する方法を紹介します。

 

とっても簡単!

 

①キーワードを検索

②検索結果が表示される

③表示されたアドレスの一番後ろに『&pws=0』を入力して検索をかける

 

 

以上。

 

 

これで、Googleにログインした状態でも、

パーソナライズされていない検索結果が表示されます。

 

 

あまり使う機会がないと思いますが、

いざと言う時に便利な技です。

 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。