neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

先ほど、お宮参りを経験した感想と新たな気付きと子どもからのプレゼント【吹田市片山神社編】の記事を書きましたが、今回はその続編。

 

午前中にお宮参りに行った後、自宅に戻り初節句の儀を執り行いました。

 

初めての経験で得た感想について、ちょっとまとめてみます。

slooProImg_260505182045.jpg

 

マンションの一室で初節句の儀

 

初節句を行う上で、最初に考えたのは『開催場所』

 

今は、専用の会場やホテルなんかでも行えるようです。

 

しかし、生後2ヶ月の息子にとってホテルや専用会場での開催は難しい。突然泣き出したり、ウンチやオシッコなどを繰り返すと、せっかくの節句の儀が台無し。

 

その点、マイホームでは他人に気兼ねなく子どもの面倒が見れる。初節句を迎える時期が生後数ヶ月経っている子どもの場合は、それほど気にする必要は無いのかもしれませんが、生後2ヶ月の我が息子の場合は、この点は非常に重要でした。

 

マンションの和室に6人の大人が座るのは、若干狭いけど、逆に一体感があって盛り上がりましたよ。

 

宅配サービスを利用して経済的に!

 

もう一つ重要な点。それは料金です。

 

ホテルや専用会場はなかなかの値段ですよね。大人一人8000円クラスの料理が運ばれる仕組みは、『子どもの晴れ舞台だから』という親心を利用した『足下を見る作戦』の典型です。

 

 

その点、自宅での開催は、不当な料金要求も無い!(ホテル=不当要求と言う訳ではありませんので悪しからず)

 

 

仕出し屋さんに

『初節句なので、それにふさわしい料理をお願いします。』と伝えると、ホテルでの食事バリのお膳が運ばれてきます。

 

 

今回私たちが利用したのは隣町茨木市の『利宝』さんの松華堂「聖」というメニュー

 

 

家での宴も、このような御膳が並べば華やかになります。

 

 

お吸い物もついてます。

 

 

茨木にある懐石料理のお店「利宝」
懐石料理 利宝

好きな配達業者に連絡し、指定時間にお膳を届けてもらう。しかも料金はホテルよりも大幅に安いのです。これはかなりいい感じでしたよ。

(利宝さんの詳細のレビュー記事は次回投稿します。)

 

時間の制限が無く楽しめる

 

ホテルや専用会場での宴では不可能な『時間の制限が無い』という点も、家宴の重要なポイントです。

 

仕出し屋さんに御膳の引き下げ依頼を行う都合もあるのですが、基本的には『続けたいだけ続けられる』のが嬉しい。両家家族が揃う滅多にないイベントだからこそ、ゆっくり楽しみたいですね。

 

初節句用ケーキが自由に選べる

 

初節句用の鯉のぼりケーキがあるのをご存知でしょうか?

 

私は全く知りませんでした。鯉のぼりをかたどったケーキ。当然の事ながら、主役の息子は見るだけで、食べるのは大人です。

 

主役が食べないケーキに対しては、『必要・不要』との意見が分かれるところでしょうが、記念に残るイベントの一つの思いでとして、「あ〜、こんなものもあったんだな〜!」的な笑い話として、初節句用のケーキがあるのでしょうね。

DSC04678

 

それこそ、1ホール数千円のモノもありますが、我が家は段取り不足のため、近くのフジヤさんの1つ1200円のロールケーキにしました。

 

なかなかいい感じでしたよ。

 

他にも色んな種類の初節句用ケーキやオーダーメイドのケーキもあります。他人と違うオリジナリティを求めるなら、こだわってみてはいかがでしょうか?

 

初節句を終えた感想

 

午前中に行われたお宮参りに続く、自宅での初節句は、私たちにとって思いで深いモノとなりました。

 

一方で、息子にとってみれば、今日の記憶は残っていないでしょう。つまり、『親の自己満足』。そんなものです。

 

 

しかし、

外に出かけ写真を撮り、

家族みんなで写真を撮り、

豪華な衣装を身に着け写真を撮る。

 

 

日常とは少し違ったイベントが息子の成長の証として残って行く事は、結婚式など、いずれ迎える『人生の振り返り』において力を発揮してくれるでしょう!

 

 

初節句はどこで開催しても同じだと思いますが、自宅の一室で盛大に行うのも良いものですよ。

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。