neverfadeタイトル
サイト内検索:
no

iPhoneカメラの性能が飛躍的に良くなったことと、カメラの起動が早くなった事で、ほぼ全てのiPhoneユーザーは、日常での写真撮影を多用しているようです。

 

でも、

『写真は撮るけど、動画は撮らないな〜!』

 

こんな方って、意外と多いのではないでしょうか?

 

確かに、動画と静止画がiPhoneに保存された場合、よく見るのは『静止画(写真)』のほうでしょう。フォトロールに保存された写真はフリック一つで簡単に、そして素早くアクセスできるからです。

 

一方、動画はどうでしょうか?

 

検索は簡単でも、その動画を最初から最後まで再生すると何秒も何分もかかってしまうので、再生する機会は滅多に無いと思います。

 

そんな動画に対する認識ですが、おそらく次の1本の動画を見れば考え方が変わるでしょう!

 

 

このムービーは、30周年となったMacの誕生を記念に作られたショートムービーで、撮影は全て『iPhone』によって行われたようです。

 

編集のセンスが良い!というのはもちろんの事、iPhoneだけでこのようなハイクオリティな動画が作れるなんて驚きですね。

 

ダラダラ撮影し続けた動画」では、撮ったあとは見ません。

 

しかし、このMacムービーの様に、編集を加えたり、撮り方を工夫する事によって、写真を超える媒体となるのです。

 

今では、無料の動画編集アプリもたくさん出回っていて、誰でも簡単に「オシャレ」なショートムービーが作れる時代。

 

動画には、写真以上の感動が見つかりますよ〜!

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。