neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

iPhoneのカメラアプリランキングでナンバー1を記録した『OneCam』

 

以前170円で販売されていた有料アプリが、ちょっと前に値下げされ、現在は100円!

 

ただ、安くなったとは言え、私は根っからの『無料アプリユーザー

 

100円を払ってまでカメラアプリなんて買わね〜よ!

 

そんなケチ臭い考えを持っていましたが、何を血迷ったのか、100円で有料アプリ『OneCam』を買ってしまった。

 

なぜわざわざ100円を出してまでマナーカメラアプリを買ったのか?

 

ちょっとだけ解説してみます。

 

OneCam(マナー・連写) 〜フリックで簡単シェア〜

 

 

マナーカメラアプリの画質とは思えない

 

世の中に多く存在する『マナーカメラアプリ』は、シャッター音を消す事だけが注目されて、写真の画質が悪くなってしまうモノが多いような気がします。

 

確かに、普通のカメラアプリと違いフォーカス機能を制限しているので、iPhoneのシャッタースピードの関係からブレた画像となりやすい。

 

ところが、このOneCamで撮影した写真は、(気のせいかもしれませんが)ぶれた写真になりにくい。

 

マナーカメラの使用シーンと言えば、

 

  • レストランでの食事撮影 や
  • 起こしたくない子どもの寝顔撮影 などが代表的。

 

それらのシーンに共通しているのは、静かである事と同時に、ちょっと薄暗い場合が多いのではないでしょうか。

 

ご存知のとおり、ちょっと薄暗い環境でiPhoneカメラを使うと、ぶれた写真になりやすいですよね。

 

OneCam』は、これらのシーンでも(あくまでも気のせいかもしれませんが)ぶれ難い写真が撮影出来るので、なかなか重宝しています。

 

連続撮影機能がかなり使える!

 

OneCamの代表すべき機能である『連写撮影機能』が、決定的シーンを逃しません。

 

3枚から最大12枚連写!

 

00251210-220950.jpg

 

一眼レフのスポーツモードと同じような効果が、100円アプリで出来てしまうのです。

 

連続撮影機能を使いたいシーンと言うのはあまり多くないけど、あって損は無いでしょうね。

 

今日のまとめ

 

マナーカメラって、使い続けるとやめられなくなりますね。

 

特にカフェでランチの写真を撮影したり、日常の面白いシーンを撮影するのが好きな人にとって、『カシャカシャ』っていう音ってうっとおしい。

 

別に、
100円払ってマナーアプリを買った方が良い!』という気はありませんが、写真に少〜しだけこだわる人なら、インストールしてみても損はないでしょう。

 

OneCam(マナー・連写) 〜フリックで簡単シェア〜

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。