neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

『今年も流行の兆し』と報道され始めたインフルエンザ。

 

昨シーズンに痛い目にあった私としては、『同じ過ちを繰り返さない!』と強い思いを持っています。

 

そして今日、社会人になってからは初めてとなるインフルエンザ予防接種に行ってきました。

IMG_4497

インフルエンザはしんどくない!?

 

昨シーズンインフルエンザにかかった感想としては、正直なところ、

 

インフルエンザってこんなもんか?

 

でした。発症初日こそ熱が出てしんどかったけど、タミフルが驚くほど効いて、二日目からはすっかり元気になり、3日目には完全復活!

 

ただ、インフルエンザウィルスは3日間ほど体内にいるようで、医者の指導のもと、しばらく家で閉じこもっていましたが。。。

 

だから、自分では『インフルエンザなんて怖くないぞ!二日酔いの方が10倍しんどい!』って思っていました。

 

 

そして、振り返ってみて思います。

バカだったな・・・』と

 

人に移す事の責任

 

インフルエンザに感染しても、早めにタミフルを飲めば、重症化は防げます。

ただ、それは免疫力のある方だけ。

 

お年寄りや小さな子どもたちは、インフルエンザにかかって命を落としてしまう事例もたくさんあります。

 

つまり、インフルエンザって『自分は大丈夫だから!』って甘く見る病気ではないのです。

 

命の危険にさらす可能性があるウィルスをまき散らす事は、殺人未遂っていうと大袈裟ですが、それに近いものがあるでしょう。

 

1回3,000円の予防接種を射つ意義

 

つまるところ、予防接種を射つ意義は、『自分が感染する事を防ぐ』ということだけでなく、『自分が感染し、そのウィルスを拡散する事を防ぐ』ことなんですね。

 

私たちは、学校や職場、家庭において共同生活しています。

 

共同生活においては、自分の事に加え、『周りへの気遣い』も必要です。

 

インフルエンザの予防接種』は、自分の周りで生活する人たちへの、見えない心遣いなのでしょうね。

 

 

一人一人が意識を持って、パンデミックを防ぎましょう!

 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。