neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

”合コン”

 

それは男女それぞれのグループが、合同で行う仲間内の飲み会。

 

大勢の人数で集う飲み会というのはとても楽しく、『そこから発展する出会いを期待する人』や、『楽しい時間を過ごしたいだけの人』など思いは様々です。

 

ただ、どのパターンでも、合コンというのは『友だちや知り合い同士で参加するもの

 

知り合いどうしだからこそ場が盛り上がるし、時には、周りが引き立て役となって飲み会が楽しくなる事もあります。

 

そんな、『合コン』ですが、最近は面白いというか、近代的なサービスが提供されています。

 

そのサービスがこちら⇒ ユーザー満足度98%!お客様信用度3年連続No.1!合コンなら「コンパde恋ぷらん」

合コン

”お一人様”で合コンという矛盾

 

先ほども述べたとおり、合コンとは大勢の仲間で参加するもの。

 

それが、たった一人だけで参加するとなると、『合コン』とは言えなくなるのではないかと思うのです。

 

どちらかと言うと『合同お見合いパーティー』

 

ただ、お見合いパーティーとなると、『軽いノリ』では参加しにくいのが現状。

 

そこで登場したのが、

『お一人様合コン』なのでしょう。

 

費用はこんなものなの?

 

なんとなく面白そうな雰囲気がただよう『お一人様合コン』ですが、サイトを見てみるとちょっとビックリ!

 

お一人様

男性7800円

女性4800円

 

飲み物食べ物代が入っているとは言え、なかなかの料金設定です。

 

出会いをお金で買えるという意味では、高いのか安いのかは個人の感覚にもよりますね。

 

ただ、問題はその料金の『男女差

 

合コンでワリカンにする本当の理由とは?

 

男女差について述べる前に、ちょっと面白い脱線記事。

 

今や当然となっている『合コンでの割り勘

 

一昔前までは、男性の全おごりが定番だった時期もあったらしいのですが、昨今の合コン市況はワリカンらしい。

 

 

そこで、ちょっと調べてみると、NAVERまとめにおもしろい『まとめ記事』がありました。

合コンで割り勘にする本当の理由。女子たちよ、これが男子の本音だ

 

本音が聞けて実におもしろい。

 

脱線はこれぐらいにして、本題に戻します。

 

合コンサービスで価格差を設定する理由なんてあるの?

 

個人で開催するコンパなら、ワリカンでも価格差をつけてもどっちども良いと思います。

 

しかし、こと『サービス』として提供するなら、この価格設定はいかがなものか?

 

恐らく、”お一人様”の参加者は男女問わず、パートナーを捜しに来ているはずです。そして、その想いは恐らく同じぐらい強いでしょう。

 

男性が将来のパートナーとなる女性を捜すだけの会なら、この価格設定も納得出来ますが、 イーブンな状態で、費用負担に差があることに違和感を覚えます。

 

 

弁護士や医者限定のコンパで女性の参加費が1万円なんてものは、目的が明確で誰も文句を言う人はいないでしょう。

これぐらいなら分かりやすいです。

 

まぁ、今回の主張は、合コン経験の少ないものの”たわごと”です。

そして、もし参加すると、私自身楽しんでしまうのでしょうね。

 

 

それにしても、世の中にはかゆいところに手が届くサービスがたくさんあるのですね。

 

 

⇒ 合コン検索サービス『いつコン!!』

⇒ 会員数10万人突破!合コンサービス[ Rush(ラッシュ)

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。