neverfadeタイトル
サイト内検索:

片方の二重まぶたを一重まぶたに戻す方法


 

どうも、NFです。

今日のテーマは、『二重まぶたのなおし方

 

私も含めて、一重まぶたの多くの方は、二重まぶたに憧れがあるもの。

 

その思いが強い方は、アイプチをしたり、究極は二重手術を施すほど。”パッチリでか目”で外見を良くしたいのです。

 

そんな”目の悩み”を抱える一重まぶた人ですが、一方で別の悩みもあります。

 

それは、『期せずしての二重まぶた化』。

簡単に言うと、

何らかの理由で、オートマチックに一重まぶたから二重まぶたになる状態』を言います。

 

この状態の特徴は、

①    症状が急に現れる。

②    片方の目だけ二重になる。

③    期間限定。

 

いくら『二重に憧れている』と言っても、この『期せずしての二重まぶた化』は、片方だけが二重になるので、違和感というか、『何とも言えない気持ち悪さ』があるのです。

 

そこで、この『期せずしての二重まぶた化』を解消する方法を調べてみました。

 

方法①「睡眠」

二重になる主な原因は、『睡眠不足と疲労』と言われています。

寝不足が続き、カラダが疲れてくると、その影響が『目』に出てくる場合があり、それが二重の原因となるのです。

 

つまり、『片目だけ二重』を解消しようと思えば、充分な睡眠と休養が必要不可欠なのです。通常で3・4日、長くても1週間程度、充分な睡眠時間を確保すれば、気持ち悪い二重から、いつもの一重まぶたに戻るでしょう。

 

方法②「まぶた温め法」

疲れ目の改善は、まぶたの血行を良くすると、目の疲労の緩和に効果があると言われています。その血行改善方法は、ずばり『温める事』。

 

二重の程度にもよりますが、目を閉じて、その上から温かいタオルなどを乗せると、早ければ5・6分で回復する場合があります。

 

夜眠る前に試されてもいいと思いますが、一番のオススメは『入浴中

 

お風呂に入りながら、温かいタオルを絞って、まぶたの上に乗せる。

 

これは二重を一重に戻す場合では無くても、目の疲れを取る有効な方法です。

 

方法③「治るまで待つ」

一重まぶたの人が、自動的に二重まぶたになることは非常に少ないです。『加齢に伴って二重になった!』という事例は多いのですが、おそらくこの記事をお読みいただいている方は、まだまだ関係のない事でしょう。

 

加齢に伴って二重になると、それが一重に戻る可能性は低いようです。しかし、原因が『加齢』ではない場合、勝手に二重になったまぶたが、通常の一重まぶたに戻る可能性は極めて高いもの。

 

時間が経ち、カラダが正常化されると、まぶたも戻るでしょう!

 

ということで、最後の方法は、ずばり『待つこと!

 

元も子もない対策法ですが、実はこれが一番効果的。特に対策を施さなくても、そのうち戻ります。

 

今日のまとめ

一重まぶたの方が、自動的に二重まぶたになる理由は、カラダの不調が考えられます。二重を直す事に重きを置かず、カラダの疲れを取る方法を考える必要がありそうですね。

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。