neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

最近、新幹線に乗って東京に行く機会が増えてきました。東京では新大阪から片道2時間半。この時間を有効活用するためにはパソコンが必要不可欠です。MacBook Airを持ち込んで、快適ネットサーフィン。あっという間に東京です。

 

そこで大事になってくるのがコンセントの確保。

 

今日のテーマは、新幹線でのコンセントの確保法です。

コンセント

 

700系ではなく”N”700系のぞみを利用すべし!

 

東海道新幹線の「のぞみ」号の中には、座席に電源コンセントがついているものがあります。700系の新幹線には各車両の一番前と一番後ろの席にコンセントがついていますが、最新型のN700系の車両には、全ての窓側席にコンセントが付いています。

 

N700系のぞみの指定席で窓際の席を予約すればOK!

 

意外と簡単に確保できます。

では、電源を確実に使えるN700系に乗るにはどうすればいいのでしょうか?

 

確実な方法は、みどりの窓口!

 

コンセントがある座席を確保する方法は、みどりの窓口で、ストレートに「コンセントを使いたい!」と言うのがベスト!

 

新幹線の席の確保は、券売機で行うことも出来ますが、この場合、「N700系」か「700系」の車両かが分かりにくく、間違って700系を予約した場合、かなりのショックを受けます。

 

もちろん、券売機にもコツがあります。700系にはあって、N700系には無い「喫煙ルーム」を目印にする方法です。「喫煙ルーム」が表示されている新幹線の窓側の席を予約すれば確実にコンセントにありつけます。

 

まぁ、みどりの窓口が混んでいる時は有効な方法ですが、確実な方法は対人による予約でしょう。

 

人気座席のため、予約はお早めに!

 

平日9時台の東京行きの新幹線は、予想以上に混んでいます。わたしの経験上、N700系の窓側席を当日確保するのは難しい。

少し時間をずらせば大丈夫なのでしょうが、なかなかそれも出来ません。

 

やっぱり、数日前の予約しかないでしょう!

 

3日前の夕方ぐらいなら、ほぼほぼ窓側の席が予約出来ると思います。

 

コンセント席を確保して、快適なネットサーフィンを!

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。