neverfadeタイトル
サイト内検索:
no

不妊に悩む妻が妊娠出来た民間療法のまとめ【前編】


 

子どもが出来ない辛さって、それを経験した人しか分からないですよね。

このページを読んでいただいている人って、何かしら【妊娠】という事に悩みを抱えているのだと思います。

 

「次こそは!」

って思って期待していても、生理が来る。

 

生理痛に加え、切なさと、焦りと、自己嫌悪と、

何と言っても不安感。

 

出来ないんじゃないか。。。

って言う不安。

 

「そのうち妊娠するだろう!」

って楽観的にはなれないらしい。

 

旦那として、「大丈夫大丈夫!」と声をかけるも、大丈夫な保証はない。

なんとも辛い期間でしたね。

 

 

1年6ヶ月。

 

わたしの妻は、「不妊に悩む」と言えば大袈裟かもしれないし、他の不妊治療患者さんと比較すると治療期間は短い方だと思います。

しかし、この辛さは長さじゃない!(もちろん何年も治療を続けている人は、もっとしんどいのは知っていますが。)

 

この1年6ヶ月での体験と経験を、不妊に悩む人たちのお役に立てればいいなと思い、記事に書きます。

参考にしてみてください。

 

【不妊に悩む妻が1年6ヶ月目で妊娠する事が出来た民間療法シリーズ】

 

①お茶をルイボスティーにチェンジ!

このブログの人気エントリーである、「最近流行の健康茶「ルイボスティー」がカラダに良い7つの効果」にも書きましたが、ルイボスティーには不妊治療にうってつけのお茶なのだそうです。

 

ルイボスティーに含まれる亜鉛は、ホルモン分泌を改善するために精子や卵子の製造に欠かせない成分で、女性も男性も生殖機能低下を改善させてくれるのです。

 

「このお茶を飲んだから妊娠出来た!」っていうのは強引かもしれませんが、ルイボスティーに含まれるミネラル(亜鉛)を取り続けた事は、なんらかのプラス要因となっていると思われます。

 

毎日飲むお茶だからこそ、カラダに良いものを飲みたいですね。

(間違ってもはと麦茶はダメですよ〜。不妊治療には良くないお茶と言われています。)

 

ネットの人気商品はこちら


ドラッグストアーで5〜600円で売っているので、そちらで購入してみるのも良いと思います。

 

②夫婦でウォーキング

妻とウォーキングを続けました。

このウォーキングって、①のルイボスティーよりも根拠がないかもしれません。

 

ただ、「カラダを温める効果がある適度な運動は、不妊治療には効果的」という記事を読んだので、続けてみたのです。

不妊とは関係ないかもしれませんが、噂では、毎日45分程度のウォーキングは卵子の質を良くする効果があると言われているそうです。

 

それよりも、夫婦でのウォーキングってカラダを温めたり、卵子の質を良くする以上に、もっと良い効果がありました。

 

「リフレッシュ効果」

 

夫婦で歩く1時間は、色んな話が出来て楽しかったし、ココロもカラダもリフレッシュできました。

これが、結果的には良かったのかもしれませんね。

 

③東尾理子推薦!美的ヌーボ

石田純一さんと結婚された東尾理子さんが不妊治療を続けられていたのは有名な話。

その東尾理子さんが服用していたサプリメント「100%天然成分の葉酸を含む27種ビタミンミネラル配合【美的ヌーボ】

美的ヌーボ体験美的ヌーボ体験

サプリメントに関わらず、不妊治療に悩む女性って、

「これ良いらしいよ!」

っていう噂にとても弱いもの。

 

藁をもすがる思いと言えば大袈裟ですが、そんな気持ちです。

 

有名人が使用していた、そしてそれを使って妊娠した!となると、誰でも一度は試してみようという気持ちになりますよね。

 

サプリメントって「合う・合わない」があるので、この商品は「オススメします!」っていう強い気持ちではありません。

 

気になる人だけ、チェックしてみてください。

 

(あっ!錠剤が大きくて、少し飲みにくいかもしれませんのでご注意を!)


 

後半に続く

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。