neverfadeタイトル
サイト内検索:
AmazonTOEIC対策本

 

【TOEIC対策本を定価より格安で買う方法】

 

TOEICの教材で結構割高ですよね。

パート別の参考図書をそれぞれ購入すると1万円超え!

 

目的は、教材をたくさん買うことではなく、あくまでもTOEICのスコアをアップさせること。

TOEICの受験料だけでも6,000円以上必要なので、参考書には少しでも経費節減したい!

 

少しでも安く秀逸な参考図書を購入する方法はないものか?

 

実は、あります。

TOEIC対策本を定価以下で購入する方法が!

 

Amazonマーケットプレイスで掘り出し物を見つけよう!

新品の本を購入する場合、どこの本屋でも、どこのネットサイトでも、基本的には同じ価格でしか購入出来ません。

定価よりも安く購入しようと思えば、中古本を見つけてくる必要があるのですが、書籍という”常に手に触れる商品”を中古で手に入れる事に抵抗を覚える人って多いですよね。

 

しかも、中古本というのは、ブックオフなどの大型古本ストアにおいても、希望の商品が無い事が多い。

ましてやTOEICの参考書というニッチな商品が豊富に揃っているお店など見た事ありません。

 

そこでオススメなのが、毎度お世話になっているAmazonマーケットプレイス

 

Amazonマーケットプレイスとは、みなさんご存知Amazonのユーザー出品サイトの事で、あらゆる商品の中古本などが低価格で数多く出品されているのです。

AmazonのTOEIC書籍サイトはこちら

 

Amazonマーケットプレイスには、TOEIC対策本も数多く出品されています。

しかも、公開テストを一度受験するために使用したと思われる参考書も多く出品されていて、それらの本は「新品同様」とまではいかなくても、かなりの美品状態で出品されているのです。

 

実際、私も第183回公開テストの受験後に、数冊の本を出品しました。人気の参考書だったのでライバルが多かったのですが、出品翌日にはそれらの本にオーダーが入ったのです。やはり、Amazonマーケットプレイスを便利に使う人っているのですね。

 

狙い目は公開テスト後と結果発表後

考えている事はみなさん同じ。

受験を終えた人たちは、公開テスト後に、参考書を出品するのです。

あ〜、終わった〜!」という勢いです。

 

ただ、慎重派はちょっと違う。

点数出るまで置いておこう。スコアが悪かったらもう一回受けないといけないし。

っていう考えです。

 

全体的には後者の方が多いような気がしますが、わたしは”前者”なので、とりあえず両方推しておきます。

 

相場は送料込みで数百円引き

ここまで読んでくださった方の期待を裏切るわけではありませんが、その値引額って、今イメージされている金額より大きくないと思います。

せいぜい定価の数百円引き。

 

超人気の参考図書なら、100円〜300円引き

普通の対策本でも、せいぜい500円引きが上限でしょう。

 

ただ、送料も含まれてこれぐらいなので、定価を超える事はありません。(当たり前か。。。)

 

ちょっとでも安くTOEIC対策本を手に入れたい!

中古本でもイイ!

 

そんな人は、一度ご検討を!

AmazonのTOEIC書籍サイトはこちら

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。