neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

隔週水曜日に発売されている物件情報誌「スーモ」に、”マンション検索ランキング”なるモノがあるのをご存知でしょうか。

このランキングは、人気物件ランキングではなく、検索数の多さ、つまり分譲中の物件の注目度を表しているのです。

 

9月に発売されたスーモに掲載されていたマンション検索ランキングにおいて、3週連続首位をキープしている物件があるのです。

三井不動産レジデンシャルが提供している「南千里丘ParkTower(パークタワー)」。

 

北摂の駅近物件で、しかも470戸という大型タワーマンションであるが故に、注目度は高いのでしょうが、それでもランキングのトップをキープするには何か理由があるはず。我が家も注目の南千里丘パークタワーについて、前回投稿の「【マンション口コミ】摂津市南千里丘パークタワーの立地が想像以上に素敵だった件」に引き続き、その理由を探ってみる第2弾の記事を、自分が感じたままに投稿します。

今回は「建物編」

スクリーンショット 2013-10-06 19.19.37

意外と少ない”ダブルアウトポール設計”に魅力を感じる

今となっては当たり前の仕様となっている「アウトポール」設計。

アウトポールとは、マンションを支える巨大な柱を部屋の占有地の外に出し、変な出っ張りをなくす工法のことです。アウトポール設計のマンションは、部屋の四隅が綺麗な角になり、家具が置きやすくなったり、すっきり見えるなど、今では多くのマンションが採用しています。

しかし、このアウトポール設計は、バルコニー側のみ採用されている場合が多く、玄関側(寝室側)はアウトポールとなっていない場合が多いのです。

寝室に”妙な出っ張り”があると、家具やベッドが置きにくく、実際の広さより狭く感じるのです。

 

私たちが見て回った他のマンションのほとんどは、「リビングのみアウトポール」でした。

例えばこういった間取り

スクリーンショット 2013-10-06 18.20.42

確実に使いにくそう。

ところが、南千里丘パークタワーは、「リビングも寝室もアウトポール」。いわゆる”ダブルアウトポール設計”だったのです。

その間取りはこちら

南千里丘パークタワー

実際、モデルルームを見てみると、非常にすっきりとした空間で、広々と使えそう。

賃貸マンションならともかく、長い事住むマンションなら、ダブルアウトポール設計を選んだ方が良さそうです。

 

各階にゴミ出しステーションがあるのが便利すぎる!

マンション見学を初めて以降、本当に驚かされる事が多い。

これまで賃貸マンションにしか住んだ事がなく、そのイメージでマンション見学に行っていたので、設備や仕様を見る度に「凄いな〜!」と思わされてきました。

その過去に経験した”驚き”の中でも、ベスト3に入ったのがこれ!

 

各階にゴミステーションがある

 

賃貸マンションの場合、建物の下に設置されているゴミ置き場に、決まった曜日にゴミを出す事が決められています。

ところが、この南千里丘パークタワーは3階から最上階の35階までの各階にゴミ置き専用の小部屋が設置されているのです。

 

エレベーター付近に設置されているゴミステーションは外出時に立ち寄り、エレベーター待ちの間にゴミを捨てる事が出来るのです。

しかも、このゴミ置き場は曜日指定されている事はなく、”いつでも”捨てる事が出来るというおまけ付き。

 

デメリットとしては、「ゴミ収集の手間が増えるため、共益費に影響が出る」という事だと思いますが、日々の生活を考えると便利すぎるこのゴミステーションは助かります。

 

荷物が多い人におすすめの”トランクルーム”が標準装備!

マンションを選ぶ際の重点項目の一つである”収納スペース”

一戸建てと違い、限られた空間にいかにしてモノを収納するかというのは集合住宅特有の悩みではないでしょうか。

物置を置くわけにもいかず、アウトドア用品も室内に置かないといけないのは何となく嫌なもの。

 

ところが、最近のマンションには”トランクルーム”なるものが設置されているところが増えてきたのです。

南千里丘パークタワーもその一つ。

スクリーンショット 2013-10-06 20.36.30

玄関の横に設置されているトランクルームは、それほど大きくないけど、ゴルフバッグ2個とアウトドア用品が十分に入る大きさ。

 

無くても生活には困らないけど、あったら嬉しい設備ですね。

 

工夫されたバルコニースペース

先ほども述べましたが、マンションの専有部分は限られており、そのスペースは少しも無駄に出来ません。

それはバルコニーでも同じ。

 

ただ、バルコニーにはエアコン室外機やエコキュートなど、大型機械で占領されているマンションが多い。

久宝寺のタワーマンションに見学に行った時、機械に占領されているバルコニーを見て”唖然”とした事を思いだしました。

 

その点、摂津市のパークタワーはバルコニーの使い方が工夫されている。

エコキュートの大型機械があるものの、その本体は床面に設置されているのではなく、壁にかけられていたのです。

モデルルームを見ると、その工夫された設置法にちょっと感動しました。

 

広々使えるバルコニーは、わたしの中ではポイントが高い項目です。

 

本日のまとめ

スーモマンション検索ランキングで1位を獲得し続けている南千里丘パークタワーは、やはり魅力が多い物件です。

正直な所、建物の部屋の設備の善し悪しのみで購入を決意する事は無いと思います。

駅からの近さや周りの生活環境、間取りなどなど。そして何より価格。

総合的な判断で、高い買い物を決断するのです。

 

しかし、家庭に入る女性達にとって、部屋のクオリティというのは重要な項目。

 

大手デベロッパーの三井不動産さんが提供するパークタワーは最新の設備で、奥様方がきっと喜ぶ仕様となっています。

 

これまで見て回ったマンションの中で、抜群の設備を誇る南千里丘パークタワーは、ランキング1位も納得のマンションでした。

 

 

 

 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。