neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

3週続けて発症し、食べることも飲むことも、さらには喋ることも億劫でした。

原因は「口内炎

 

あの痛みは何とも言えない不快感。

心の底から忌み嫌うものです。

 

小さいくせに激痛。
小さいくせに治りづらい。

 

そんな口内炎の対処には、これまで外用薬での対処だけでした。

大正製薬さんの「 口内炎パッチA

パッケージは非常に”子どもくさい”のですが、口内炎の外用薬においては定番中の定番商品

これを張ると痛みが無くなる”奇跡のシール”と(我が家では)言われています。

 

ただ、正直なところ、この口内炎パッチは、

”痛みを止めても、治りが劇的に早くなることはない”

のです。

(あくまでも個人的な感想です。)

 

そこで、登場するのが内服薬。

外からだけではなく、カラダの中から口内炎の治癒の手助けをすることが必要なのです。

 

”チョコラBB”かニセモノ”チョコラBB”か?

口内炎に限らず、皮膚の修復にはビタミンB2が必要と言われています。

ビタミンB2を多く食品は、レバーやウナギなどですが、こういった食べ物は毎日食べることが難しい。

そこで手っ取り早くビタミンB2を摂取する方法として、考えられるのが医薬品。

 

ビタミンB2が主薬製剤の薬と言えばやはり”チョコラBB”でしょう。

 

こちらの商品はどこの薬局・ドラッグストアでも販売している有名商品です。

ただ、このチョコラBBは、ご存知のとおり”値段が高い”。

 

60錠しか入っていない小瓶の値段は、先ほどの口内炎パッチと”ほぼ同じ値段

 

「同じ値段やったらパッチの方が効果高いのでは?」

と思ってしまうわけです。

 

そこで代替品を探してみると、、、探してみるもので、なかなか良いのを見つけました。

 

米田薬品工業株式会社が製造するビタミンB2の製剤

その名は、”テラポニンBB

 

いかにも「チョコラBBを意識しているネーミング」の商品です。

2013.08.31 19.34.43.855

キリン堂で600円以下で買えました。

薬剤師さんに効能について聞いてみると、

 

 「チョコラBBとまったく同じですよ」

との回答でした。

 

それなら安い方が良い!

即買いしました。

 

ちなみに家に帰ってネットで調べてみると、チョコラBBの類似品は、こういう商品もありました。

こちらも、完全に「チョコラBBを意識したネーミング」

ネットで700円程度なので、テラポニンBBより100円ぐらい高いです。

 

近所にドラッグストアーが無くテラポニンBBが買えない場合はこちらのネオビタBBプラスを検討されてもいいでしょう。

 

ビタミンB2はカラダの疲れにも効いてくれるので、常備薬として持っておくのも良いですね。

 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。