neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

食べるだけで痩せるなんて、そんな旨い話が・・・実はあるのです。

 

先日投稿した「痩せるホルモン」が出るサバの水煮缶を使った郷土料理「ひっぱりうどん」の簡単レシピが予想以上に大好評だったので、「食べるだけで痩せるシリーズ」の続編を投稿させていただきます。

 

今回は「すりおろしキュウリ編

TVでも実証済み!酵素の力で驚きのダイエット力

酵素”って何?

聞いた事はあるけど、その活躍はあまり知られていないと思います。

酵素には、”消化酵素”と”代謝酵素”の2種類があり、どちらもカラダにとってはとても大事な役割を果たしているのです。

 

”消化酵素”の役割は「食べ物を分解して、体内に栄養素を吸収させる働き」

”代謝酵素”の役割は「代謝酵素により吸収された栄養素を、実際に働かせる」

 

これらの酵素は、どちらもカラダの中で作られるのですが、年齢を重ねていくと、次第に酵素を作るカラダの機能が低下していくのです。

 

「学生時代に食べていた量のご飯を、オッサンになってからも同じ量のご飯を食べると確実に太る」

これは、酵素の生成が少なくなってきた事が原因なのです。

 

キュウリには”痩せる酵素”は大量に含まれていた!

酵素を作る能力が落ちても悲観する事はありません。

消化酵素や代謝酵素は食べ物からでも摂取出来ます。
(これを食物酵素と言います。)

 

そこで今回の主人公の「きゅうり

キュウリには、脂肪分解酵素である”ホスホリパーゼ”が多量に含まれています。

つまり、キュウリを食べると脂肪分解を助けてくれ、ダイエットに繋がるのです。

 

水分が多く、栄養価が少ないイメージがあるキュウリに、こんな効果があるなんて驚きですね。

 

スクリーンショット 2013-08-23 21.19.20

 

すりおろして効果倍増!加熱厳禁!

キュウリに含まれる”ホスホリパーゼ”は細胞膜を破壊する事によって、通常よりも酵素の働きを何倍にも増強してくれます。

つまり「すりおろしキュウリ」がダイエットには最適なのです。

 

(すりおろしキュウリは、細胞膜を破壊しないと意味がありません。プラスチック製のおろし金よりも、”先の尖った金属製のおろし金”の方が細胞膜を破壊してくれるそうです。あまり神経質に考えすぎなくても良い様な気がしますが参考までに・・・)

 

また、酵素は加熱により働きが止まってしまうので、高温での加熱はやめましょう。

 

スクリーンショット 2013-08-23 21.21.49

 

 

おすすめのレシピはただ1つ「何かにトッピングするだけ」

レシピの紹介をしたかったのですが、どうもその必要はなさそう。

 

なぜなら、

「すりおろしキュウリは、何かにトッピングして効果が発揮される」

のです。

 

例えば、

  • 唐揚げ
  • 焼き肉
  • ハンバーグ
  • 生姜焼き

など、どんな料理にもトッピンングできます。

 

スーパーで30円程度で売られているキュウリをすりおろし、毎日のおかずに添えて食べる事2週間。

おそらくあなたのお腹は、驚くほどスリムになっているでしょう。

 

脂肪分解酵素の力を侮っていはいけません。

 

歳をとって太ってきた。。。

という人にはかなりオススメのダイエット法です。

 

一度お試しあれ。

 

【関連記事はこちら】
食べるだけで痩せるシリーズ第1弾
「痩せるホルモン」が出るサバの水煮缶を使った郷土料理「ひっぱりうどん」の簡単レシピ

食べるだけで痩せるシリーズ第2弾
「痩せるホルモン」を刺激するさば缶を使った、”たった3分”簡単サラダレシピ

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。