neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

 情報は”取りにいく時代”から”自動で配信される時代”へ

ほんの数年前まで、情報収集と言えば新聞かテレビ。

これらは、毎日決まったとおりに”自動で配信される”ツールです。

 

ところが、インターネットが普及し、情報は”取りにいく時代”に変化したのです。

パソコンやスマートフォンがあれば、いつでもどこでも必要な情報にアクセス出来るという非常に便利な時代。

 

そんな時代にも変化が訪れています。

 

gazou

 

前回投稿した記事「情報配信ツールがここまで進化した!オススメ記事が自動で配信される「Gunosy(グノシー)」のクオリティが凄い!」において、情報収集ツールのクオリティが凄いと書きました。

 

今回はそのGunosyのライバルアプリの紹介です。

 

”興味を学習する”機能を搭載する秀逸アプリ「vingow(ビンゴー)」

vingowはユーザーの興味を分析し、必要な情報を自動的に配信してくれるアプリです。

興味の分析は、Gunosyと同じように、TwitterFacebookなどのアカウントから興味を割り出すことを基本としています。

 

Gunosyと同様に、vingowも「学習機能がある」のが特徴です。利用すればするほど精度が上がる仕組みで、情報が最適化されるのだとか。

その”情報最適化”のキーとなるのは”タグ”という機能。

 

と、難しい話はここまで。

もう少し詳しい内容が知りたい方は、こちらのサイトでもご覧ください。結構詳しく書かれています。

 

学習機能の実力は、確かに凄い!

vingowの使用を開始してから3週間ぐらい経ちます。

正直な感想は、

「Gunosyよりも使いやすく、嬉しい情報が多い!」

 

vingowは、学習機能の他に、タグ機能や随時更新など、Gunosyをしのぐ機能が備わっています。

ちょっとまとめてみました。

vingow gunosy
学習機能 あり あり
共有ツール Twitter
Facebook
hatena
pocket
evernote
LINE
Facebook
Twitter
ログインアカウント Facebook
Twitter
Facebook
Twitter
hatena
更新タイミング 随時 朝刊(8時)
夕刊(17時ごろ?)
タグ機能 あり なし
記事の要約機能 あり なし

 

ちょっとvingowがリードしている様な印象を受けます。

 

インターフェイスはどうでしょうか。

iPhoneアプリのホーム画面はこちら

IMG_3701

すっきりしていて見やすいデザイン。

ただ、ホーム画面はGunosyの方がカッコいいような気がします。まぁ、インターフェイスはあまり関係ないかな・・・

 

vingowはスマートフォン意外にも、タブレットやパソコンでもログイン出来ます。

パソコンでみるとこんな感じ

スクリーンショット 2013-08-10 22.21.10

なかなかいい感じですね。

 

Gunosy や vingowなどの情報配信ツールの今後の行く末

公式に発表されているGnosyの目標は「次世代の新聞」であり、一方のvingowの目標は「5年後の新聞」なのだそうです。

つまり、同じ目標をもつ二つのツールは、互いに改良されながら、進化し続けるでしょう。

 

紙の新聞を2誌以上購読する家庭は少ないでしょうが、このようなサービスなら複数利用する事も可能です。

 

しかも、無料!

 

今後とも目が離せないサービスですね。

 

 

 

賢いニュース アプリGunosy

(2013.09.12時点)
posted with ポチレバ
Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。