neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

 

今、時代は空前のランニングブーム。

出勤前や仕事帰りなど、数年前と比較するとランナーの数が劇的に増えています。

 

ランニングがブームとなった1つの理由は、

「女性ランナーが増えたから」

間違いない。

 

ファンシーなウエアに身を包んだオシャレランナーがかなり増えましたね。

女性に人気のスポーツが、男性にも流行するのはスノーボードやゴルフでも立証されています。

 

あと一つ、ランニングブームの火付け役として忘れてならないもの。

それは「iPhoneなどのスマートフォンの普及によって運動量が数値化できるようになった」事です。

 

アプリを立ち上げたスマートフォンを持ってランニングすると、カロリー消費や体力作りを数値化出来るのです。

健康志向の日本人が好む機能ではないでしょうか。

 

今回は、そんなiPhoneランナーにオススメするランニンググッツを紹介します。

 

XtremeMacが想像以上に快適

これまで、ランニング時のiPhoneケースは「SPIBELT」を使用していました。

SPIBELTを使い始めた当初は、「これ良いやん!」と思っていたわけですが、最近は「画面操作時などは、ちょっと使いづらいぞ!」と思うようになってきたのです。

 

そこで、SPIBELTより使い勝手の良いランニング用iPhoneケースはないのかと探していたところ、なかなかの口コミを誇る商品を見つけたのです。

その名はXtremeMac

 

楽天市場で1680円という激安だったし、口コミも良かったので、楽天ポイントを利用して即買いしてしまいました。

 

届いた商品はこちら

XtremeMac iPhone5-11

 

 

パッケージデザインがいい感じですね〜。

かっこいいので横からのアングルもパシャっときます。

 

XtremeMac iPhone5-10

 

箱から出した実物はこれ。

 

XtremeMac iPhone5-9

 

 

黒の布地に白のパイピングがスポーティさを演出しています。

では早速iPhoneを入れてみましょう。

 

入れ方はこんな感じ。

XtremeMac iPhone5-3

 

 

スポッと入ります。

 

XtremeMac iPhone5-5

 

ジャスト・フィット!

(当たり前か・・・)

 

ここでXtremeMacの1つ目の特徴

「装着して使用中もiPhoneの操作が出来る」

 

これは非常に嬉しい機能。

ディスプレイ面のフィルムは、iPhoneをXtremeMacに入れた状態で操作が出来る素材です。

 

操作性はこのとおり。

XtremeMac iPhone5-4

 

つけていない状態と比較すると、若干操作性は落ちますが、このあたりは許容の範囲内でしょう。

それよりもメリットが大きい。

 

ランニング中に音楽を変えたい時や、信号待ちでランニングアプリを停止させたい時など、いつでも操作出来るのです。

 

つけたときはこんな感じ。

 

 

XtremeMac iPhone5-1

 

 

いままでSPIBELTを腰に装着してランニングしていたので、「腕への装着はどれぐらい違和感あるかな?」と思っていたけど、腰よりも使いやすい。

腕に巻くタイプは、イヤホンケーブルの長さを短く出来るので、ランニング中の「ブラブラした感じ」がほとんどないのです。

 

結果、ランニングに集中出来ます。

 

XtremeMacの2つ目の特徴

「ケースに鍵が入る」

 

この機能は”欲しい人には嬉しい”ですね。

XtremeMac iPhone5-7

 

説明書にもあるとおり、iPhone4やiPhone4Sにも対応しています。

ただ、サイズがちょっとあっていません。

 

でも中でずれることはなさそうです。

XtremeMac iPhone5-6

 

総括

装着した感想としては、スパイベルトよりも数倍使いやすい。

装着時にiPhoneを操作出来るのが嬉しいですね。

 

ランニング中に気になるイヤホンケーブルのブラブラも、これなら全く問題なし。

 

デメリットとしては、

「カラダに密着させて使用する商品なので、汗をかいた時の対応が困る。」

「日焼け後が気になる」

ぐらいでしょう。

 

1680円という値段も魅力で、この商品はiPhoneランナーのベストバイでしょう。

 

 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。