neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

気温の上昇で、早朝のランニングでも清々しさが無くなってきた今日この頃。

ランニングには最も適していないシーズン真っただ中です。

 

ただ走るだけでは辛さを痛感する今のシーズンに、ちょっとでも楽しさを見出そうと思い、ちょっと前からランニングにあることを取りいれることにしました。

 

それは「筋トレ」です。

 

(期待を裏切り、普通の答えですみません・・・)

 

侮ってはいけません。実は、有酸素運動と筋トレの相性は相当良いらしい。

OHT96_higaochitasougenoki500

 

有酸素運動と筋トレで効率的に脂肪を燃焼!

マラソンランナーは別として、趣味ランナーの皆さんの中には、余分な脂肪を燃焼させる事を目的に走っている方も少なくないと思います。

そんなランナー達も、「脂肪を付けるのは一瞬でも、脂肪を落とすのは難しい!」と誰もが思っているはず。

 

ただ走るだけではなかなか脂肪が落ちない・・・

もっと効率的に脂肪が無くなってしまえば良いのに・・・

 

と考えるのは欲張りでしょうか?

 

いえ、実は運動開始から効率的に脂肪を消費する方法はあるのです。

それが「有酸素前の筋トレ」です。

 

ランニング15分前の筋トレが脂肪燃焼を促進させる!

一番理想は、

筋トレ→15分休憩→ランニング

 

これがゴールデンルーチンなのです。

理由は

筋トレ後に分泌される成長ホルモンの働きにより、脂肪分解酵素の量が増加し、このタイミングで有酸素運動を行うことで、脂肪の代謝が抜群に高まる

のだとか。

この筋トレと有酸素運動(ランニング)の関係は、「筋トレTV」というサイトに詳しく掲載されています。

 

ちなみに、ぼくのルーチンは、

出発前の筋トレ

15分休憩(時間がなければすぐに出発する)

ランニング

コースの途中にある公園の鉄棒で懸垂

ランニング(体力がなかったらウォーキング)

プロテイン

 

愛飲のプロテインはこちら

 

我ながら結構ハードかも・・・

 

ランニングを続けても、体重が落ちていかない!

日々のランニングに刺激が欲しい!

という方、

一度筋トレを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

PR
テレビで話題のスポーツストレッチのカリスマトレーナー兼子ただし」さんの

『伸びランニング』 ~走れば走るほど柔軟性が高まるランニング~ 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

  1. 20分やらないと燃焼しないなんて嘘ですよ。
    それはふた昔前の噂で現在の研究では違うよ。

    • ご指摘ありがとうございます。認識の誤りでした。
      記事を修正しました。

      今後ともよろしくお願いします。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。