neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

iPhoneのホーム画面って、使っている人の”クセ”や”性格”が出ますよね。

 

几帳面な人は、きっちりとフォルダ分けされて、使用頻度順でソートされていたり、、、

おおざっぱな人は、気持ちいいくらい乱雑に散らばっていたり、、、

 

それはまるで”職場のデスク”のようですね。

 

ぼくはどうなんだろう?

 

あまり他人のiPhoneの画面を見る事が無いので、みんながどんなアプリを入れて、どんなホーム画面にしているかは分かりません。

ならば、「自分から公表してしまおう!」と考え、恥ずかしいながらもトップページを公開します。

 

2013年7月16日現在のホーム画面はこれだ!

 

写真

 

iPhone5になってから5行+1行=6行という大画面になり、使いやすくもなったけど、画面が大きすぎるがゆえのデメリットもあります。

 

右利きでは画面の左上が届きにくい

ぼくは、iPhoneをケースに入れずに使用している”iPhone裸族ユーザー”です。

裸族ユーザーの場合、最大のリスクは、

 

「iPhoneを落下させて壊してしまう事」

 

そのリスクを回避するためには、アプリの配置を工夫する必要があるのです。

 

テーマは

「使用頻度が高いアプリは、右手親指が届く位置で!」

 

つまり、下の写真の赤線枠内です。

写真

 

この赤線枠の17エリアにあるアプリが”ぼくの選抜アプリ”です。

実際は、フォルダ分けされているので、アプリの数はもっとあります。

 

もちろん、旬なアプリが現れたら、”選抜ゾーン”に昇格する可能性も十分ありますが、最近はあまり変えていないかな。

LINEやChrome、メールアプリや電話アプリなど”生活必需アプリ”は外せないので、それらを除くと、今の旬アプリは「Gunosy」

 

 

Gunosyに関する記事は『情報配信ツールがここまで進化した!オススメ記事が自動で配信される「Gunosy(グノシー)」のクオリティが凄い!』で紹介しています。

 

時間があればGunosyばっかり見ています。

 

ホーム画面を極めるものはiPhoneを制する?

ページをめくる回数を極力減らす事が、効率的にiPhoneを使うコツ。

それは、正に名前のとおり「スマートに使う」を意味します。

 

ホーム画面は、自分が使いやすいように整理して、かっこよく使いましょう!

 

今回の投稿は、トップページのみの紹介です。

個別のアプリ紹介の要望があれば、追って投稿させていただきます。

 

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。