neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

平成26年4月に消費税が5%→8%に引き上げられます。さらに平成27年10月には消費税が10%になってしまいます。

わたしたちのような庶民にとって、消費税増税は生活に直撃しますが、国の財政安定化のためにはやむを得ない選択だと思います。

とは言うものの、消費税が上がってほしくないモノ。
それは、やはり不動産。

 

「3000万円の物件の消費税が5%上がったら150万円も増えるじゃないか!」

普通に考えたらこうなります。

 

でも、実は違うんですね~。
カラクリがあるんです。

 

そこで今回は、「消費税増税なんか怖くないシリーズ」のまとめ記事です。

マンション

その①現役・三井不動産グループ社員が書いた記事

これは面白かった。

説得させられます。

消費税が上がってもマンションは絶対値上がりしません。そのわけは…

 

【要約】

不動産というのは、需要と供給で値段がつく商品。

つまり、不動産が販売される時の景気が良ければ、不動産の値段は上がり、景気が悪ければ不動産の販売価格は下がるのです。

 

ということは、消費税が増税され3150万円のマンションがある日突然3300万円になったら何が起こるか。

当然、買う人(需要)が減ります

 

もし、その時の住宅ローン金利が今よりも上昇していたら、余計に買う人は少なくなっているはず。

 

需要が減ると、当然の事ながら価格は下がります。

こうした事が容易に想像出来るから、マンション価格は急には上がらないのだとか。。。

 

納得してしまう記事です。

 

その②本当は教えたくないマンション業界の秘密

消費税が8%に上がる前にマンションを買うのは得なのか?

その答えはこちらの記事

マンションは消費税増税前に買うべきか?

 

【要約】

中古物件ならまだしも、新築マンションなら減税前に購入するメリットは比較的少ない。

理由は「住宅ローン減税」があるからです。

この知識を知っているのと知らないのでは、結構大きいような気がします。

 

住宅ローン減税は、ちょっと複雑なので説明は割愛しますが、自分なりに計算した結論としては、

「4000万円のマンションをフルローンして、10年後も2000万円以上の残高があり、所得税等の支払額が40万円程度の世帯は、消費税増税後にマンションを購入するのが得。」

という答えになりました。(ちょっと乱暴な計算ですが・・・)

 

要は、「増税の影響額」と「減税の影響額」を比較すべし!と言う事です。

マンション2

【結論】「マンションを買うのは増税前!」というのは正しくない。

マンションは今が買い時というのは、大袈裟だと言う事です。

断っておきますが、「今買ったら損をする」という事ではありません。

 

一生の内、何度も買えるものではないマンションだからこそ、「買い時」という言葉に踊らされて、冷静な判断力をなくしてはいけないのです。

 

制度を熟知した上で、本当に必要なモノを、本当に必要な時に手に入れましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

こちらの記事も読まれています

まだデータがありません。