neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

夜寝る前にiPhoneを充電機に差し込み、目覚めとともに充電機からiPhoneを外す。

 

ほとんどの方が日常的に行っている作業だと思いますが、

実はこれ、間違いです。

 

バッテリーへの負荷がかかり、寿命を縮める可能性があるのです。

未だに根強くのこる、“バッテリーの間違った認識“はまだまだ巷にはびこっているようですね。

 

リチウムイオンバッテリーの特徴とは?

 

昔の携帯電話などに使用されていた“ニッカド電池“は、継ぎ足し充電をすると、バッテリーの能力が低下してしまいました。なので、「出来るだけ電池を使いきってゼロにしてから充電を開始し、満タン充電する」のがセオリーだったのは記憶に新しいところです。

 

しかし、iPhoneなどのスマートフォンで使用されているバッテリーは“リチウムイオンバッテリー”と言って、“ニッカド電池“と特徴が違います。

 

簡単に特徴を書くと

  1. 使い切ってしまうと寿命を縮める
  2. 充電しっぱなしも良くない
  3. 高熱は良くない

 

この特徴を整理すると、一番やってはいけないのは、

バッテリーがゼロになるまで使用して、
使い切ってから充電を開始し、
100%までフル充電されているのにそのまま放置する。
です。

 

これをするとバッテリーに負荷がかかり、寿命が著しく短くのだとか。

ということは、この”やってはいけない事”をやらなければバッテリーが長持ちすることに繋がるのです。

 

理想的な充電方法はこちら

残量20%ぐらいになったら充電を開始し、80%〜90%まで充電されたら充電を終了する。

 

この方法が一番バッテリーに優しい充電方法なのです。

 

バッテリー時間は1時間で十分

 

iPhone5に関しては、急速充電に対応しているので、残量20%ぐらいなら時間程度で満タン直前まで充電できます。

つまり、1時間で完全復活するのに、僕たちの睡眠時間と同じ6時間も休息を与える必要はないのです。

充電に適した時間は、睡眠中より入浴中だと言ってしまおう。

 

 

また、Appleの公式サイトでは、バッテリーの寿命を短くする要因として、次のように言っています。(以下引用)

 

少し配慮をするだけで、iPhoneのバッテリー駆動時間とバッテリー耐用年数をより延ばすことができます。バッテリー性能に最もダメージを与える原因は高温です。そのため、iPhoneを直射日光の下や高温になる車の中(ダッシュボードなど)に放置しないことがまずなにより重要です。

 

 

これらの事を参考に、スマートフォンの寿命をのばしましょう。

 



 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。