neverfadeタイトル
サイト内検索:

昨年末から始めた英会話の個人レッスン。
先日、無事(?)に3カ月12回のレッスンを受け終わりました。

 

某東進スクールの講師のセリフである、
じゃあ、いつやるの? いまでしょ!
という言葉に背中を押され、34歳を目の前にして歩き始めた「英会話上達への道」

 

緊張しまくりの第1回目のレッスンの、「真冬なのに尋常ではない汗噴出事件」から始まり、時にはアワアワしながらもここまで来ました。

 

第1回目のレッスンの模様は、こちらの記事をご覧ください。
ハロー先生ドットコムで英会話のマンツーマンレッスン in 三国ヶ丘】

 

これまで、最初の1カ月は週2ペース、2ヶ月目は週1、3ヶ月目はペースを落として3週間に2回のペースでレッスンを受けています。この調子でいくと「最終的には月1ペースになるのでは?」との思われるかもしれませんが、今のところペース配分は予定通りで、今後は2週間に1回か2回を目標にレッスンを受ける予定です。

 

この3カ月を振り返って思うことは、
やはり英語は難しい

これに尽きます。

 

そして、英語の基礎知識の無さを痛感するとともに、上達のスピードが遅い自分に腹がたちます。
「もっと努力しなければ、レッスン料をドブに捨てているようになってしまう〜」
こう思っていたころ、先日、優しい先生からありがたい一言を頂きました。

 

Your English is improving than before.
(あなたの英語は前より上達しているよ)

 

めちゃくちゃ嬉しかった。
その時だけ有頂天。

 

返しで、
Oh,really?
I’m enjoying the conversation.

と、調子に乗って言ってしまいました。

 

先生に褒めてもらい、続けてきて良かったと実感。

もしかしたら、というか恐らく先生のお褒めの言葉は、1種の「アメリカンお世辞」で言ったのだと思いますが、それでも褒められたら嬉しいものです。

 

英会話学習を3カ月続けてわかった事

 

まだまだ「話せるレベル」には程遠いですが、この3カ月で少しは上達したかもしれません。何事も続ければなんとかなります。
逆に言うと、
「英語学習は続けなければ上達しない。」
と分かりました。

 

もちろん、効果的な学習法や勉強のコツというのがあると思いますが、どの方法を試しても、それを“続ける”事が一番大事です。
これは、身を持ってわかりました。

今日の格言

全ての上達につながる“続ける”という技術をマスターすることは、簡単ではありません。しかし、それが生活の一部に出来た時、何かが開花し始める。

 

スポンサードリンク
[adsenseyu1]

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。