neverfadeタイトル
サイト内検索:
thermos

先日、近所のイズミヤで「THERMOS」というメーカーのスープ専用の魔法瓶が安く売られていました。
価格は1700円程度だったと思います。

 

この「THERMOS」というメーカーはわりと有名らしく、嫁が

「これ良いやん!みそ汁とかスープを家から持っていったら、インスタントスープ飲まなくてもよくなるし、試しに買ってみよう!」

と急にプレゼンテーションが始まりました。
最近、僕は弁当を食べる際に、毎日インスタントのポタージュスープや卵スープなどを飲んでいます。

 

どうも、この「インスタント食品」が嫁から不評のようでして、
「それを辞めて手作りスープを持っていけ!」とのことです。

 

たしかに、「プチ健康志向の」私としても、毎日インスタントスープは塩分取り過ぎの危険性があると思っていたので、値段も安いし買ってみたのです。

00250312-130006.jpg

 

デザインがおしゃれ

欧風なデザインではありますが、THERMOSは日本のメーカーです。
正直、魔法瓶と言えば

タイガー や
象印

がメジャーですので、僕はこれまで聞いた事が無かったけど、ホームページや楽天のサイトを見ていると、結構売れているらしい。

女性うけするデザインが人気の秘密なのでしょうか。

00250312-125957.jpg

いや、デザインだけではありません。

機能も素晴らしい。

詳細はオフィシャルページをご覧ください。

 

実際使ってみると、人気の理由が分かりました。
構造上、保温性が非常に高く、しかも軽い!

さらに、スープ専用容器であるため、一番の心配事である「漏れ」にも、2重構造のふたを採用し対応されています。

 

00250312-130022.jpg

00250312-130031.jpg

実際使ってみて

「容器に注ぐ時は、直前までスープを温め、極限まで熱くしてから注いでおけば、お昼頃にはちょうどいい」

と思いました。

 

この、「極限まで」というのがミソです。
もちろん夏場や冬場で対応が変わりますが、基本はアツアツの状態で注ぐ必要があると思います。

 

この商品の軽さや価格を考えると、この保温力はかなり優秀であるのは間違いないです。
手作りスープを職場で飲むのも、シャレオツですよ。

(問題は、我が家のシェフがこれからも中身のスープを作ってくれるかどうかです。。。)

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。