neverfadeタイトル
サイト内検索:
自己投資

自分が成長していくためには、日々の生活の中において、自分が成長するための努力(いわゆる「自己投資」)をする事が必要だと思います。

自己投資の意味や種類は多く、勉強やトレーニング以外にも、「仕事で疲れたカラダを癒し、明日の業務に備える事」も、セルフメンテナンスと言う意味では、「自己投資」に位置づけられると思います。

しかし、セルフメンテナンスにばかりに時間を注いでいては成長がありません。

勉強したり、トレーニングしたり、趣味を頑張ったり、種類は何でも良いと思いますが、「昨日の自分を越える」努力をしないといけないと僕は思っています。

自己投資

サラリーマンの自由時間は少ない!?

「自分のために時間を使いたいけど、日々の生活や仕事でいっぱいいっぱいなので、自由時間なんか確保出来ないよ!」っていう人は本当に多いと思います。拘束時間の長いサラリーマンにとって、自分の時間を確保するのは予想以上に難しいですよね。

僕もそうですが、油断をすると1日があっという間に終わってしまいます。

それなら、
「平日は時間がないから、週末にまとめて自己投資時間を確保しよう!」という発想になります。しかし、僕の経験上、週末だけ自己投資するのはとても難しいです。
特に、それが趣味以外のものならなおさら続けるのが難しい。

それはなぜでしょうか?

僕が考えるその理由は「人間というのは、生活スタイルにも慣性の法則が働いているから」だと思っています。つまり、「生活の中で取り組んでいる事は日々続けているから、明日以降もそれが続けやすい」ということです。

間隔を空ければ空けるほど、「継続力」は弱くなるのは、僕の実体験上間違いないと感じています。だから、何かをする時は「出来るだけ毎日続ける」という事が非常に重要になってくるわけです。

そこで問題になってくるのは、いかにして「自己投資する時間の確保するか?」です。

自己投資

時間の確保にはコツがある

僕は、時間の確保をするために、3つの事を心がけています。

それは、

  1. 早朝時間の有効活用
  2. お昼休みの有効活用
  3. コマ切れ時間の有効活用 です。

そこで、今回は①早朝時間の有効活用について、僕が実践した方法を書かさせていただきます。

5時起きの実践

僕の出勤時間は午前8時ちょうどです。
通常は7時にでも起きれば、十分間に合います。しかし、去年の夏ぐらいから出勤時間3時間前の5時に目覚ましをセットし、遅くても5時20分には起きるようにしています。

朝の早起きなんて、しかも5時起きなんて、以前の僕には考えられませんでした。でも、やりたい事が増えてきて、「日々の生活の中で、自分の成長のために使える時間を増やしたい!」と考えた結果、たどり着いたのは「早朝時間の有効活用」という答えでした。

実践してみて感じた事、それは
「朝の静かな時間は、自己投資に費やせる最もふさわしい時間だ」という事です。

完全にさわやかMAXです。

静かな環境で本を読んだり勉強したり、ブログを書いたりするのはかなりはかどります。
何より「俺は頑張ってるぞ!」と自己満足を感じやすくなります(笑)

眠気は慣れる

やはり、早起きをすると、その代償として、日中の睡魔召喚率が劇的にアップしています。集中力が来れたら、直ぐに悪魔がやってきます。ところが、最近は日中の睡魔も比較的ましになってきました。どうやら慣れてきたようです。

僕はこの生活を、3ヶ月ぐらい続けた頃から、違和感なく起きられ、日中の睡魔も軽減してきたような気がします。

つまり、早起きを継続する事により、早朝型のライフサイクルを確率させることが出来ました。

 

「自分の時間をもっと確保したい!」という方、
早朝の「さわやか」な時間を活用する事を、強くオススメします。

長文を最後まで読んでくださりありがとうございました。

次回は、「時間を有効活用するために僕が実践している3つの工夫」の2つめ
「お昼休みの有効活用」について、投稿させていただきます。

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。