neverfadeタイトル
サイト内検索:
Ex-Wordで英会話

今月からマンツーマン英会話を始めていますが、自分のボキャブラリーの少なさにうんざりする。TOEICを頑張っていた時は、自分で「簡単な単語ならだいたい分かるな」って思っていたけど、それは完全に勘違いでした。

レッスン中、先生は僕に対して、まるで幼子に話しかけるかの様にゆっくり、そして簡単な言葉で話してくれるので、ある程度は理解出来るけど、それ以上に僕を悩ませているもの、それは自分の意志を相手に伝えるアウトプットの行為、つまり「speaking」の方です。

言葉が分からないから、伝えたくても伝える事が出来ない。

これは、英会話レッスンをされている方なら、誰でも感じる事だと思います。
相当歯がゆい気持ちになりますね。
インプット(listening)よりアウトプット(speaking)の方が遥かにハードルが高い。
でも、この両方を上達させないと英会話は成立しないのは言うまでもありません。
目指すべきは「English listener」ではなく「English speaker」です。

ということは、英語の土台である「語彙力」を高める必要がある。
そこで登場するのが電子辞書なのです。

超優秀なカシオの電子辞書「Ex-word」

先日、なんばのヤマダ電機の近くに行く用事があったので、ついでに電子辞書を見てきました。
そこに並んでいたのは、おびただしい数の電子辞書。

電子辞書にこんな種類があったなんて初めてしりました。

その電子辞書の中で最も目立っていたのがCASIOの「Exword
デザイン性も良く、使い勝手もよさそう。
僕が気になったのはEx-word XD-D6600

CASIO Ex-word 6600電子辞書って使った事ないけど、触った感じでは非常に使いやすそう。

これを使いながら、英会話レッスンを進めていけば、よりスムーズに英会話スキルが向上するのかもしれないです。

で、問題の価格ですが、こちらの商品は店頭実勢価格で2万円ちょっと。kakaku.comでも18,000円弱。
電子辞書には100册程度の辞書類が入っていて、機能と価格を比べると、完全にお買い得なんですが、正直なところ「100册の辞書って必要?」って思ってしまいます。

僕は英語だけが知りたいわけで、多く見積もっても、4つか5つぐらいのコンテンツがインストールされていれば事足ります。
だから18000円は高過ぎる。

やはり僕みたいな境遇の人間に電子辞書は必要ないのか?

そこで、代替案を考えてみました。
最初に思い付くのは、スマートフォンのアプリでの対応です。

メインアプリはAll英語辞典

数ある英語辞典アプリで私がおすすめするのは、
All英語辞典

このアプリは非常に秀逸。
英和・和英の辞書機能はもちろんのこと、複数のネット辞書の検索結果を一気に表示してくれるアプリなんです。まぁ、複数の辞書機能を一気に検索する事が本当に必要かどうかは、今後検証しますが、とりあえず、普通に辞書を使用出来る訳なので、すばらしいアプリではないでしょうか。

【検索される辞書は次のとおり】
Naver Dictionary
Yahoo Dictionary
Weblio Dictionary
ALC Dictionary
OCN Dictionary

また、英英辞典は次のとおり
– Urban Dictionary
– Dictionary.com Dictionary
– Thesaurus.com
– Merriam-Webster Dictionary
– Cobuild Dictionary
– Etymology Dictionary
– Learner’s Dictionary
– The Free Dictionary

例文の表示もあるし、例文のスピーキングも備わっている。
これは嬉しいです。

00241230-172154.jpg無料でこのアプリが利用出来るのは、本当にうれしい。

英語辞典はスマートフォンアプリで代替可能と結論付ける

当面は18000円の電子辞書の購入を見送り、スマートフォンアプリの「All英語辞書」で対応する事となりました。
コストパフォーマンスを考えると無料でアプリを使う方が絶対良いですよね。
電子辞書の購入を妻に相談したところ、「必要ないでしょ」と一蹴され、決裁が下りなかったのが本当の理由ですが。。。

いつか、ビジネスで英会話が必要となる機会があれば、その時は改めて購入を検討します。

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。