neverfadeタイトル
サイト内検索:

IEとChromeとでは表示が全く異なるwordpressブログ


最近気付いた事があります。
それは、WindowsのInternetExplorer(通称IE)とGoogleのChromeやMacのSafariでは、ブログの表示がかなり違っているという事です。

Web製作に関しては、完全に素人の私が、レンタルサーバーと契約し、見よう見まねでブログサイトを立ち上げ、不細工ながらもここまでサイトを作ってきました。

ところが、最近、Web製作の素人であるが所以のミスが多発している事が発覚してきました。
やはり、Web製作も基本が大事ですね。

僕が予想していなかった不具合で、現時点で最も気になっている部分。
それは「表示フォント」です。

適したフォントは何だろう?

僕のブログ製作は、MacBook ProでGoogleChromeを立ち上げて作っています。
当然の事ながら、ページのプレビューもGoogleChromeで行っています。

ここで、一つ目の落とし穴。

MacでGoogleChromeを使って見る方法しか試してなかったため、それ以外の方法で表示させた場合、どの様な表示になるか検証していなかったのです、

Webページって、ネットブラウザによって表示のされ方が結構変わるらしい。

MacとWindowsでインストールされているフォントが違うので、当然と言えば当然だが、ここまで違うとは想像してなかった。

このサイトの現在のフォントは、
【font-family: ‘メイリオ’,Meiryo, Georgia, “Bitstream Charter”, serif】
と設定していますが、これがなんかイマイチな結果となっています。

Macサイドでは良い感じで表示されているけど、Windowsでは見にくい表示になってしまっている。
そこで、このサイトを閲覧しているブラウザをGoogleアナリティクスで確認したところ、最近の結果は次のとおりでした。

Google

Google

SafariChromeで57%を占めています。
次はIEの20%。
約60%の方は、僕が思っているサイト表示になっているけど、少なくとも20%の方は、「おかしなサイト表示」になってしまっている。

しかも、Windowsで表示させた場合、サイトの読み込みに時間がかかっている事も判明しました。この辺りは、単に「Macの性能が凄い」という意見もありますが、Windowsユーザーにもやさしいサイト作りを心がけていかなければいけません。

おかしなサイト表示や読み込みに時間のかかるサイトでは、なかなか訪問者もリピーターも集まらない。
早急に改善せねばならない。

一応、家にはWindowsのノートPCがあるけど、立ち上げに時間がかかるし、ブログサイトの検証用としては、全く使用していないのが現状です。
でも、完成度の高いサイトを目指す上では、プレビューも大事ですので、これからはWindowsでの閲覧確認をしないといけませんね。

我流でも面白さとやりがいのあるWeb製作

専門用語も多く、習得には時間がかかるWeb製作ですが、作っていると面白くなってくる。
コツコツと知識を増やしながら、完成度を高めていく。

そして、最も面白さを感じる部分は、やはり「アクセス数

右肩上がりとは行かないまでも、更新を続けていけばちょっとずつ増えてきます。
まだまだしょぼいサイトですが、少しずつ知識を増やし、不具合を解消し、一人前のブログに成長させ、情報発信ツールにしていきたいと思っています。

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。