neverfadeタイトル
サイト内検索:

世の中にはたくさんの本が並び、人生に刺激を与える書籍は数多くありますが、その中でも
「これだ!」っていうのは意外と少ない。
僕は頑張って年間50册前後の本を読んでいますが、良書にはたくさん出会うけど、その中でも会心の1冊は1割ぐらいの確立かなと思います。

そして、その1割に入ってきた2012年の会心の一冊である、
東の大富豪の教え
著者ナタリー・ユエンさん

先日、この「東の大富豪の教え」に書かれている考え方である、
フォーチューンメンタリティ」を体験する機会があったので、少し記事にしてみます。

フォーチューンメンタリティとは

「東の大富豪の教え」によると、ホンモノの成功者が持つマインドは

  1. 幸運の流れの大切さを知ること
  2. 幸運を自らコントロールできるメンタリティを持つこと

だそうです。

この富を手に入れる為の意識である「フォーチュンメンタリティー」とは、多くの成功者と同じように「意味のある偶然の一致」に敏感になって、「幸運の流れ」を自らコントロールできる資質のこと。

日常生活に起こる「意味のある偶然の一致」を理解することで、自分にとって都合のよい現象を絶妙なタイミングで引き寄せることができるのだそうです。

そして、その「意味のある偶然の一致」は

  1. 単発で起こる偶然と
  2. ストーリーのように連続して起こる偶然 があり、

日常で起こるどんな些細な偶然にも、「自分なりの意味」を発見することが必要だということ。そして、自分が一番興味のある分野で、「素直に流れに乗る」ことで、より力を発揮しやすいパターンに引き込まれる。
フォーチュンメンタリティーを磨いていけば、徐々に「自分が何者なのか」「自分が本当にやりたいこと」の方向性が分かるようになる。さらにどんなことが、自分が幸せに成功するのを後押ししてくれるのかということを、潜在意識が識別できるようになるということ。

プラス思考+フォーチューンメンタリティ

人生は何が起こるか分からない。
嬉しい事も嫌な事もピンチもチャンスも、予期せぬタイミングでやってきます。
ただ、この「チャンス」は、メンタル一つで、チャンスを引寄せる力が変わってくると、最近僕は思っています。
立ち止まっていて、下を向いていては、せっかくチャンスが来ても逃してしまうけど、フォーチューンメンタリティを心得て、常にアンテナを敏感に保っていれば、チャンスをキャッチすることができる。
これを引き寄せの法則と言うんだと思います。

しがないサラリーマンである僕も、先日、幸運なことに思いもよらない壮大なプロジェクトに参加させてもらえる機会を与えてもらった。
あり得ない体験をさせてもらえることに、先生と先輩に感謝していますが、これも
フォーチューンメンタリティ」で言うところの「意味のある偶然の一致」と理解しようと思っています。

こういう考えを持てるようになったのも、「東の大富豪の教え」のナタリー・ユエンさんのおかげ。
自己啓発本好きの方は必読の一冊ですよ。

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。