neverfadeタイトル
サイト内検索:
no

 

先日、ふと高校生時代に担任の先生から言われた事を思い出した。

 

「時間があれば、本を読みなさい。
考え方が広がるし、視野が広がる。
絶対損は無いから、とにかく本を読め」

 

学生時代は全く本を読んでいなかったので、先生の言う事が理解出来なかった。

 

「はいはい」みたいな感じでスル〜♪

 

あれから15年ぐらいが経ち、今はその言葉の意味が痛い程分かる。

 

そして、「どうして素直に直に実践していなかったのか?」 って後悔の念にかられます。

 

自分が持っている考えなんて、少数派であることに違いない。その自分の考えや視野を広げる方法は、「自分の考えや視野と異なる視点で物事を考えている人の話を聞く事」しかないです。

 

自分の世界に居て、自己満足していては、先に進めないのではないかと。

 

そして、可能性を見いだす事も出来ないのではないかと。

 

「人に出会う」より「本に出会う」方がハードルが低い

 

人と会うのはそれなりにパワーが要ると思うし、タイミングも必要になってくる。

 

でも本なら「自分の好きなときに、自分が気に入ったもの」を手に取る事が出来、ゆっくり何度も読み返す事が出来る。

 

本屋に行けば、いくらだって手に取る事が出来るし、まさに選び放題。

 

2,000円弱の値段で、普段の生活で会えない偉人たちの言葉に触れる事が出来るのだから、やはり読書は、最良の投資という事になると思います。

 

もちろん、成功者達は有名な著者だけでなくて、むしろ自伝を出版されていない方達の方が、「ほんまもんの成功者」が多いような気がする。

 

そういう「ほんまもんの成功者」達の考えに触れる方法は、唯一「出会う事」意外無いわけなので、そう言う意味では、自分の考えや視野を広げるためには、

①本を読む事
②色んな人に出会う事

 

が重要なわけです。

で、問題はそのバランス

読書一辺倒による副作用

 

本を読む事により、考え方の幅が広がり、モノの見方が変わる。これは人間としての成長になると思ってます。

 

ところが、読書、特に自己啓発本を読み続け、インプット作業に没頭すれば、ある状態に陥る危険性があると思う。

 

それは「自己満足」

 

「あー面白かった、ためになった。」で終わってしまう。

 

いつか役に立つ考えを習得したのかもしれないけど、やっぱり行動しないと意味が無いですね。

 

最近、「そろそろ具体的に動こうかな?」と考えています。

 

どんな分野にチャレンジするかはまだまだ決めていないけど、考え方は

 

「フォーチューンメンタリティ」

 

これにつきます。

(フォーチューンメンタリティについては後日投稿します。)

 

インプットの割合を落としながら、ちょっと攻めて行こう。

 

余談ですが・・・

 

出稼げば大富豪シリーズと匹敵する良書と思っている、自己啓発本で

ナタリー・ユエンさんの

「東の大富豪の教え」について、

まだ、ちゃんとした書評を書いていない事に気付いた。

 

 

次号、ナタリー・ユエンさんの「東の大富豪の教え」について、心を込めて書いてみます。

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。