neverfadeタイトル
サイト内検索:
絶対成功する大富豪のオキテを読んで

「絶対成功する大富豪のオキテ」で分かる成功者像


 

前回のブログで書いたとおり、2012年のNo.1自己啓発本の「絶対成功する大富豪のオキテ」を読んで、自分なりに感じたことを、書いてみたいと思います。

 

まず、タイトルについて考えてみました。

 

世の中に数多く存在する自己啓発本。そのタイトルには「成功」や「幸せ」などの言葉が入っていたり、「○○できる法則」など、わりとパターン化されているのが多いと思います。

 

しかし、「絶対成功する大富豪のオキテ 」を見ると分かるとおり、自己啓発本には珍しい言葉が入っています。

 

それは、「絶対」という言葉。

 

「絶対成功する」ということを宣言している本は、非常に少ない。この本以外で「絶対成功する」と唱っているのは、自己啓発本の著者で有名な「齋藤一人さん」の本ぐらいかな。それだけ、アニキやクロイワさんに「確たるもの」があるんだと思います。

 

「こうすればきっと成功する。あとは実践・行動するだけ。」という想いなんでしょうね。

 

「絶対成功する大富豪のオキテ」を読んで、アニキのアイデンティティが少しだけ分かったような気がします。

 

自分の背中を見せて、ついてこさせる

 

アニキは、暴走族のトップの時でも、稼ぐために新聞配達のバイトをしていたり、そのバイトで稼いだお金で後輩にごちそうしたりしていたそうです。
根っからのワルではなくて、「大切にしなければならないモノや考え方」をしっかり持ち、信念を持って突っ走ってきていたんだなと感じます。

 

その、「大切にしなければならないモノや考え方」には、「友達」や「家族」「先祖」それに「不義理にしない心」「裏切らない心」「平等の精神」が入っています。

 

人を裏切らず、誰に対しても平等に接する心を持ち、今も現在進行形でそう考えているから、アニキの周りにはたくさんの人が訪れるんだと思います。

 

【アニキの言葉】〜暴走族時代〜
そこらで盗んできた金で「飯おごったるわ」言われてもなぁ。
そんなんやったら自分でも出来ると後輩は思いよるよ。
そんな先輩に、誰もついて行けへんちゅうねん。
 ところが新聞配達で稼いだ金で惜しげも無く
「おい。給料もろたから、飯、つれてったるわ」って言われたらどない?

 

たぶん、昔も今もそしてこれからも「曲がっていない」から、いつの時代も信頼されているんだと思う。むちゃくちゃなことをしていた武勇伝もたくさんあると思うけど、大事なことは忘れない。
本当にそんな人に憧れるし、それが成功者の必須用件なんでしょうね。

絶対成功する大富豪のオキテ

新品価格
¥1,575から
(2012/12/5 23:10時点)

とりとめもない文章になりましたが、初回はこの辺りで終了。
次は、「感謝」「お互い様」について書いてみます。

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。