neverfadeタイトル
サイト内検索:

ユダヤの格言【知られざる教典「タルムード」の教え】竹中充生

ユダヤの格言 ~知られざる教典「タルムード」の教え~ (マイナビ新書)

今回はAmazonのKindleStoreで初めて購入した書籍の書評です。

 

書評の前に。。。
最近の私の本を買う基準は、
①出だし2・3ページのインパクトとフィーリング
②読みやすさ
③発売日が最近(初版を狙う)

 

例外もあるが、主にはこの基準で選んでいます。
そして、今回は、いわゆる「例外」パターン

 

今回の書籍の発行日は2011年10月31日、ちょうど1年前なんです。

 

では、なぜ、例外となったのか?

 

答えは、簡単。

 

発行日を見間違ったから。。。
凡ミスです。

でも、良いんです。
AmazonのKindleStore開店記念で「振る舞い買い」です。

最近は、少しユダヤのタルムードに興味があるので、チョイス自体は悪くない。(と、自分に言い聞かせてます)

 

ユダヤの教典「タルムード」

数多くの成功者を世界に排出しているユダヤ民族。
その民族の考え方の基となっている教典。

「成功実現ブログ」とうたっている以上、興味を示さない訳にはいかない。

この本は「ユダヤ教の教え」系の本の中では、あまり有名ではない部類に入ると思いますが、AmazonのKindleStoreの開店を記念して、という理由でいいでしょう。
ほとんど衝動買いです。

さて、書評です。

本の構成としては、「1つのタルムードの格言を取り上げ、それを解説する」
というもの。
1話完結モノです。
大きく分けて10章あり、1章のなかに5〜10個の格言と解説があります。

空き時間を利用してハイスピードで読んだけど、けっこうなボリュームです。
iPhoneのKindleアプリで読んでいたけど、ページをめくる回数が多すぎて、何回か親指をつりそうになったぐらい。

 

内容は全部で10章。

はじめに

第1章 不安な時代を生き抜く言葉

第2章 失敗をしないための言葉

第3章 「嫌い」を「好き」にする言葉

第4章 お金で苦労しないための言葉

第5章 意志が強くなる言葉

第6章 やる気が湧いてくる言葉

第7章 人間関係を円滑にする言葉

第8章 素質や能力を伸ばす言葉

第9章 恋愛や結婚生活を丸くおさめる言葉

第10章 人を助けるときに役立つ言葉

おわりに

 

ユダヤの格言は一読の価値あり

この本に限らず、「タルムードの教え」系の本を読めば、世界の成功者から勧められているのが理解出来ると思う。

そして、もちろんタルムードの教えは、この本では書ききれない程存在している。
一部、他のサイトから、素敵な言葉を引用してみます。

  • 自信を失うという事は、自分に対して盗みを働く様なモノである。
  • 真の対立とは、優れた者が競い合って、そしてお互いに切磋琢磨していく事であり、これは社会の進歩にとって、欠く事の出来ないファクターである。
  • 人を傷つけるモノが三つある。悩み、いさかい、空の財布だ。その内、空の財布が最も人を傷つける。
  • 世の中には度を越すと行けないモノが八つある。
    旅行、性、富、仕事、酒、睡眠、薬、香料だ。
  • 柔軟な木は折れないが、硬直した木は折れる。
  • 豚は食べ過ぎる。苦しんでいる人間は話しすぎる。
  • 賢い者は、自分が何を話しているのか知っており、愚かな者は、自分の知っている事を話す。
  • 金は、よいセンス意外のモノなら何でも買える。
  • 粉屋が煙突掃除屋と喧嘩をすると。粉屋は黒くなり、煙突掃除屋は白くなる。
  • かゆいところをかく事と、困ったときに金を借りる事は、一時しのぎに過ぎない。
  • 幸運から不幸までの道のりは短く、不幸から幸運までの道のりは長い。
  • 自分より賢い者に負ける方が、自分より愚かな者に勝つよりも得だ。
  • 三つのモノは隠す事が出来ない。恋、咳、貧しさ。
  • 金は道具である。道具に支配される者はいない。だから道具はできるだけ多く持っていた方がいい。
  • 誰でも鏡の中に、最も好きな人を見る。
  • 貴方の親友が、貴方にとって蜂蜜のように甘くても、全部なめてしまってはいけない。
  • 友が怒っている時に、なだめようとするな。悲しんでいる時に、慰めるな。
  • 評判は最善の紹介状であり、表情は最悪の密告者だ。
  • 嫉妬は千の目を持っているが、一つも正しく見えない。
  • 結婚へは歩け、離婚へは走れ。
  • 富は要塞であり、貧苦は廃虚である。
  • 出逢った人全てから、何かを学ぶ事が出来る人が世界中で一番賢い。
  • 無恥と自負は兄弟である。
  • 多くの者は考えたくないので、逃れるために本を読む。
  • 自分の言葉を、自分が渡る橋だと思いなさい。しっかりとした橋でなければ、貴方は渡らないでしょうから。
  • ゴシップは必ず三人の人間を殺す。言い触らす人。反対せずに聞く人。話題になっている人。
  • 酒が頭に入ると、秘密が押し出される。
  • 最も大切な事は研究ではなく、実行である。
  • お世辞は猫の様に人をなめるが、やがてひっかかれる。
  • 男は両頬の間と両足の間で評判が決まる。
  • 人間は、他人のささやかな皮膚病は気にしても、自分の重病は目にはいらない。
  • 嘘つきに与えられた最大の罰は、彼が真実を語った時も、人が信じないことだ。
  • 人間は、20年かかって覚えたことを、2年で忘れることができる。
  • 人は3つの名前を持つ。
    両親が生まれた時につけてくれた名前。
    友達が親愛の情を込めて呼ぶ名前。そして、
    自分の生涯が終わるまでに獲得する名前である。
  • 要領のいい人間と賢い人間の差
    要領のいい人間は、賢い人間だったら絶対におちいらないような困難な状況を、うまく切る抜ける人のことである。
  • ある人は若くして老い、ある人は老いても若い。
  • 自分の欠点ばかり気にしてる人は、人の欠点に気づかない。

どうですか?タルムードの教え。。。

ユダヤの格言 ~知られざる教典「タルムード」の教え~ (マイナビ新書)

新品価格
¥872から
(2012/10/31 22:32時点)

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。