neverfadeタイトル
サイト内検索:

書評シリーズ「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ我武者羅應援團團長 武藤貴宏

「気合と本気の応援で世界を熱くする」
我武者羅應援團

世の中には、凄い人たちがいる。
この「我武者羅應援團」は、2007年結成に結成の
「気合と本気の応援で世界を熱くする」という志のもと
独自の応援を繰り広げる日本で唯一のプロの応援団。

ホームページを見ると、けっこう凄い活動をしているプロの応援団だ。
我武者羅應援團
NHKの紅白歌合戦にも出たらしい。

もう、名前を見ただけでも想像出来るが、
想いが、非常に熱い

そんな熱い応援団の團長 武藤貴宏さんが
「人を応援する本」を出版
その名も
「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ

「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ

新品価格
¥1,365から
(2012/10/28 13:43時点)


著者の想いは相当熱い!
本のタイトルも熱い!!
そして本のジャケットも熱い!!!
(しかし、本は厚さは「薄い」)

表紙のインパクトで、思わず手に取り、はまってしまった1冊だ。

どんな書評にしようか考えていたところ、公式ブログに、この本の一部が掲載されていた。

 

【抜粋】

『今、やれよ』
いつかやろうと思うなら、今やれよ!
いつかやりたい、なんてくすぶっているなら、今やれよ!
僕はいつもそう思っている。
あなたが思っている「いつか」とは、いったい「いつ」なんだ。
明日か、明後日か、一年後か、十年後か。
はっきり言って、そんな「いつか」なんて来ない。
普段、僕は大真面目に考えている。
なぜ、多くの人は『明日は必ずやってくる』と無邪気に信じられるのだろう。
そんな保証なんて、どこにもないのに。
明日、地球が滅亡してしまうかもしれない。
たとえ地球が滅亡しなくても、あなた自身が死んでしまうかもしれない。
もちろん、僕だって死んでしまうかもしれない。
それをあなたは単なる妄想だと思うだろうか。
僕はそうは思わない。
たしかに今日はやってきた。
でも、「明日が必ずやってくる」と無邪気に、
無防備に信じられる根拠がどこにあるのか。
明日は来ないかもしれない。本当に来ないかもしれない。
そうリアルに思うからこそ、僕は今を本気で生きる。
「残された時間はたっぷりある」と勝手に決めて、
今をムダにするなんて僕には絶対にできない。
そして、あなたにもして欲しくない。
実際、未来はそんなに長くはない。
どんな人に尋ねても「過去はあっという間だった」と答える。
20代はあっという間だったよ。
30代はもっとあっという間だったよ。
気がついたら50になっていたよ。
誰もがそんなふうに答える。
きっとそれが真実なのだ。
「過去はあっという間」なのに「未来はたっぷりある」と勝手に思い込むなんて、
あきらかにおかしい。
20代から見れば40代は遠い先かもしれない。
50代はもっと先だ。

だから、つい「いつか、やるさ」「時が来たら、がんばろう」と思ってしまう。
でも、それはウソだ。時間はそんなに残っていない。
確実に存在している時間は「今」だけだ。
次の瞬間は訪れないかもしれないし、
気がつけば何十年という時が経過しているかもしれない。それが現実だ。
だから、今やれよ。

 

 

ボリューム的には30分で一気読み出来るぐらいの本だが、内容は非常に濃い。

というか、熱い。

やはり、プロの応援団だから、「相手の背中を押す」のが上手い。
こんな人たちと身近で会話してたら、躊躇しているはじめの一歩が出やすくなるんだろう。

本当のところ、未だ、実態がよくわかっていないプロの応援団「我武者羅應援團」であるが、
今後とも注目していきたい軍団だ。

「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ

新品価格
¥1,365から
(2012/10/28 13:43時点)

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。