neverfadeタイトル
サイト内検索:
IMG_6817

昨年12月に低温ドライヤーを購入し、使い続けてはや3ヶ月が過ぎました。

 

先日投稿した髪が痛まない低温ドライヤーの6つのメリットと2つのデメリットには、購入当初の使用感としてのメリットとデメリットを全て書いたつもりです。

 

しかし、実際に3ヶ月ほど使ってみると、購入当初では感じなかったデメリットなどが出てくるわけです。

 

そこで、前回の記事はメリット中心の記事でしたが、今回は低温ドライヤーのデメリットをメインに記事を書いてみます。

 

断っておきますが、低温ドライヤーを全面的に非難するわけではありません。

これから低温ドライヤーを購入してみようとお考えの方の為に、購入前の不安を消す目的なので、ネガティブに読まないでくださいね。

前回記事はこちら

 

折りたためないのは賛否両論

まずは形状のデメリットから。

低温ドライヤーは、パナソニックやシャープといった有名国産メーカーのドライヤーと違い、取っ手と本体とが折りたたみできません

 

前回の記事で『折りたたみできないのがメリットだ〜!』って書いた後に、『実はこれはデメリットでした。。。』って書くのもどうかと思いますが、とりあえず真実を書きます。

 

確かに、本体と取っ手が折りたたみできないドライヤーは、製品が一体となり、強度が強いというメリットがあるのは間違いありません。

 

つなぎ目がないので、激しい使い方をしてもジョイント部分が壊れることはないでしょう。美容院やサロンで使用されているドライヤーで、『折りたためるドライヤーが使われていない』ことからもわかる通り、ヘビーに使うなら一体製品がいいのです。

 

しかし、これにはデメリットがあります。

 

ずばりコンパクト性

 

広い家で洗面所に広い収納スペースがあるなら全く問題ありませんが、我が家はマンション。収納スペースは限られています。そうなってくると、折りたためないドライヤーというのは、鏡の後ろの収納スペースではギリギリ。

 

慎重に直さなければ、ガンガン当たってしまいます。

こんな感じ。

IMG_6816

 

非常に窮屈に収納されています。毎日使い物だからこそ、もう少し出し入れがしやすいほうがいいかなと思います。

 

髪質の変化

低温ドライヤーの魅力は、髪のダメージを最小限に抑えることです。普通のドライヤーは120℃ぐらいの温風が発せられて、その高温の風が髪にダメージを与えると言われています。

 

低温ドライヤーから出てくる温風の温度は約60℃。

 

普通のドライヤーの約半分の温度なので、髪へのダメージがないとのこと。しかし、わたしの体感としては、『低温ドライヤーを使ったから髪の痛みが改善された!』という感想はあまりありません。

 

もちろん、髪のダメージケアには、ドライヤー温度に気をつけるのではなく、髪の保湿や修復を促すトリートメントクリームを使うのが必須です。なので、『ダメージヘアから艶やかな髪質へ!』なんてものは、最初から不可能。

 

では、低温ドライヤーを使うメリットとはなんなのでしょうか。

 

わたしは、ダメージをケアすることではなく、『ダメージを進行させないこと』だと思っています。そう言った観点で、この低温ドライヤーを3ヶ月使いましたが、今の所、『ダメージが進行していない!』と感じることはないんです。

 

ただ、『ダメージが増えた・パサパサ髪がひどくなった!』と感じることもありませんでした。とりあえず現状はキープしてくれています。これだけでも低温ドライヤーのメリットはあるのでしょうね。

 

文字が消えていく

たった3ヶ月しか使っていませんが、持ち手の部分の印字文字が消えかかっています。こんな感じ。

IMG_6817

 

これはデメリットにエントリーさせるかどうか迷うぐらいどうでもいいことですね。

たぶんあと半年も使い続ければ、印字されている文字は全て消えるでしょう。シンプルになっていい感じになるかもしれません。笑

 

まとめ

以上、低温ドライヤーのデメリットについて、いくつか書いてみました。

 

ちょっと批判的なことをたくさん書きましたが、我が家の評価は非常に高いドライヤーです。

 

  • 熱すぎないので1歳児の子供に使っても大丈夫
  • 本体が軽いので疲れない
  • 静か

 

低温ドライヤーには、このようなメリットがあります。3ヶ月使い続けて感じたのは、『買ってよかった!』ということ。

 

これからも一生使い続ける!なんてことは言えませんが、それでもしばらくの間は、このドライヤーを使い続けるでしょうね。

 

低温ドライヤーって、ネットでしか購入することができず、店頭で試して買うことができない商品です。

 

我が家もそうなのですが、購入は口コミに頼るしかありません。そういった意味では、低温ドライヤーの最大のデメリットは『試して使ってみることができない!』ということなのでしょうね。

 

低温ドライヤーの詳しい口コミはこちら

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。