neverfadeタイトル
サイト内検索:
Kindle

品揃えが豊富な「Kindleストア」は想像以上に凄かった


KindleStoreが10月25日にオープンした。
Amazonがプロデュースする電子書籍サイトが、とうとう日本に上陸。

 

Amazonは日本の書籍業界に殴り込みに行くと表明してから、だいぶ経過しているのは、やはりいろいろな調整が難航したんだろう。

 

Amazonといえば、どのインターネットショッピングモールよりも品揃えが豊富なサイト。
という事は、本の品揃えも格段に多いはず。

 

今まで、電子書籍アプリは
紀伊国屋書店さんの「kinoppy」を利用していた。

正直、この「kinoppy」はあまり良くない。

 

とくにiPhone5に移行してから、
すぐ落ちる

 

おそらく、iOS6に対応していないのだろう。

 

以前は、非常に素晴らしいアプリだっただけに、大事なところで「落ちる」ようではダメだ。
(最近、kinoppyアプリがアップグレードされて、少しマシになってるみたいですが。)

 

その「kinoppy」の不満を抱えていた矢先の、「KindleStore上陸」

 

それはそれは、相当期待しています。

品揃えも価格も満足

 

KindleStoreをチェックしてみた感想としては、やはり
「品数が豊富」

私が好きな「ビジネス・自己啓発」部門も電子かされている書籍が多い。

 

私の好きな本で言うと、
出稼げば大富豪 や
大富豪アニキの教え(クロイワ・ショウさん)
「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)
自分を超える法(ピーター セージ)

が電子化されていた。
おそらく、これもほんの一部だろう。

 

そして、品揃え以上に注目は「価格」
どのサイトも、通常は紙ベースの書籍よりも電子書籍の方が価格は低く設定されている。
(一部、電子書籍の方が値段が高いものもあるが、、、)

 

紀伊國屋書店もAmazonもfujisanも、その辺りは同じだと思う。

しかし、AmazonのKindleStoreは他のサイトよりも価格が安い。

 

例えば先ほどの本で言うと、

 

出稼げば大富豪は
書籍版1,700円 → 電子版1,600円 (差額100円)
(ちなみに紀伊國屋のkinoppyは電子版も1,700円)

大富豪アニキの教えは
書籍版1,680円 → 電子版1,280円 (差額400円)
(紀伊國屋のkinoppyは電子版の取り扱いなし)

「原因」と「結果」の法則は
書籍版1,260円 → 電子版1,000円 (差額260円)
(ちなみに紀伊國屋のkinoppyの電子版は1,100円)

自分を超える法は
書籍版1,995円 → 電子版1,520円 (差額475円)
(紀伊國屋のkinoppyは電子版の取り扱いなし)

 

この「数百円」の差は、思いのほか大きい。

 

例えば、週2冊の計算でいくと、月8冊、年間96冊
書籍版と電子版の差額を平均200円とすると
1年間の差額を単純計算してみると、
96冊 × 200円 = 19,200円 となる。

19,200円というと、10冊以上本が買える計算だ。
これはお得。

電子版の恩恵は価格だけではなかった

 

お得なのは価格だけではない。
電子書籍の場合、「保存スペース」を確保する必要がない。

 

これは、賃貸住まいの私には非常にありがたい。

 

いつも、妻から
いらなくなった本は、早く処分しなさい!!!
と、まるで、親が子供に躾けるかのように言われている。

 

確かに、本の置き場には困ってきた。

このような状況で、電子化はありがたい。

これから電子書籍が普及するのは時間の問題!?

 

AmazonのKindleStoreは、日本の書籍業界に一石を投じる事になったのかどうかは、判断はまだ早いような気がする。
理由は、やはり、「品揃え」
読みたい本のうち、電子化されていない本はまだまだ多い。

 

近い将来、ほとんどの書籍が電子化され、電子版のリリースが、書籍版と同じ日という事になってくると思う。
AmazonのKindleStoreをはじめ、電子書籍メーカーが本当に支持されるのは、
そのゴール地点にたどり着くか、または、確実な行程を見いだし、読書家のニーズに対応させる事が出来るかどうかではないでしょうか。

 

Amazonには期待している。
書籍版には書籍版の良さはあるが、個人的には電子化のウネリを大きくしてほしいと考える。

(期待も混めて書きなぐってしまいました。電子書籍リーダーの魅力は、近々アップしたいと思います。)

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。