neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

昨日の出来事。

 

いつものように、新サイトを立ち上げるべくドメインを取得し、ロリポップサーバーにWordPressをインストールさせていたところ、作業手順に誤りがあり、悲劇が発生!

 

このブログのデータが新サイトの情報に上書きされてしまったのです。

 

これまで投稿した700個の記事のデータ全てにアクセス出来ない!

管理画面を見てみても、投稿されているのは、次のたった1つのページだけ。

 

『これはサンプルページです』

 

約2年間を費やし築き上げたブログが、たった1つの作業手順の誤りで、『サンプルページ1枚』になってしまった。

 

焦る。

震える。

失望する。

 

午後10時半頃に発生したこの事件以降、あまりのショックに、久しぶりに我を忘れました。

 

頼るべきは先輩ブロガー

 

冷房ガンガンの室内ではあるけど、嫌な汗がしたたる状況で、何とか冷静さを取り戻し、解決法を探す事に!

 

世の中には既に私と同じようなトラブルに見舞われた人っているもんだな〜!

 

そう痛感するほど、ネットには私と全く同じ過ちを犯していたブロガーが『悲劇体験談』を投稿しているのです。

 

それらのサイトをくまなくチェック!

 

そして結論⇒『復旧は可能!』

 

ありがとう!先輩ブロガー!

 

データが消失した理由

 

調べてみると、今回のデータ消失事件の実態は、

 

『データは消失していない!記事が格納されているデータベースを参照する指示が上書きされただけ』

 

例えて言うなら、

東京都に住んでいるAさんに郵便物を送付しようと、アドレス帳を見て封筒に住所を書く時、

以前のアドレス帳には、『東京都』と正しい住所が書かれていたので、封筒に『東京都』と記入しポストに投函。

当然、その郵便物はAさんの手に届きます。

 

ところが、アドレス帳の更新作業を行っているうちに、Aさんの住所を誤って『大阪府』と書き換えてしまった。

東京都に住んでいるAさんに郵便物を送りたくても、封筒に『大阪府』と記入すれば届くはずもありません。

 

でも、Aさんは東京都に住んでいます。いなくなったわけではないのです。

 

アドレス帳を『東京都』に戻す事が出来たら元に戻るのです。

 

(例えが分かりにくいですかね?)

 

wp-config.phpを修正するだけで治る?

 

上記の分かりにくいたとえ話で説明した通り、wp-config.phpが新サイトの情報に書き変わってしまった事がアクセス不可の原因なのです。

 

簡単な話

『wp-config.phpを前の状態に戻せばOK』なのです。

 

下の情報の○部分を正しいデータに置き換えるだけで、基本的には対処可能!

 

結構簡単です!

 

これで上手く作動しない方は、.htaccessも変わっている可能性があります。

 

この2つのファイルを元に戻せば一件落着ですよ。

 

もしものためのバックアップは必須!

 

最後に、ロリポップユーザーのみなさまへバックアップオプションの紹介をします。

 

今回私が経験したような『不測の事態』に備えるためには、バックアップが重要です。

 

しかし、バックアップ用のプラグインや手動バックアップでは、完全な復旧が難しい場合も想定されます。

 

そんな時に活躍するのがサーバー側のバックアップオプションなのです。

 

スクリーンショット_2014-08-23_15_58_30

 

ロリポップの管理画面から簡単に手続きするだけで、自動的にバックアップをとってくれるのです。

 

私は、今回の『データ消失事故』の復旧をこのバックアップサービスを利用して解決しました。

 

ロリポップユーザーのみなさま!

 

今一度、不測の事態に対する備えを考えましょう!

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。