neverfadeタイトル
サイト内検索:
読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座

 

一言で”文章”と言っても、実に様々な意味がある。

 

  • 仕事で使う文章
  • 友だちにメールで送信する文章
  • SNSへ書き込みする文章
  • アフィリエイト記事で商品を紹介する文章

普段意識していない”文章”や”コトバ”も、日常生活には必要不可欠なツール。

 

そして、”文章”には少しのコツで読み手に強烈なインパクトを与える事が出来るのです!

 

 

今日のテーマは、そんな”文章が持つ魔法のチカラ

読み手の感情に訴えかけ、読み手に行動を起こさせる文章術について

さあ、ワクワクする凄い本の紹介です。

 

 

【書評】読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座

 

世の中には、

正しい日本語を教えてくれる本』や

ビジネスシーンで使える文章術』などを指南してくれる本は多い。

 

これらの本は、とっても大事な内容が書かれているのですが、一つ欠点があります。

 

それは、

『実践しても、読み手のココロに届く文章は書けない!』

 

てにをはや、主語述語など、”正しい国語力”を駆使した文章は、テストやフォーマルな場では必要なのですが、

 

  • 友だちとのメール
  • セールスレター
  • アフィリエイトブログ記事

 

など、『相手のココロに届かなければ意味が無い場面』において、”正しい日本語”を使うのは”正しくない”のです。

 

もうおわかりですね。

 

今回紹介する「読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座」は、

『読み手の気持ちを高ぶらせ、行動を起こさせる確率を上げる文章術』

について、そのノウハウが書かれているのです。

 

「強い文章力」を持つと何が変わる?

「強い」とは、「言い方がキツい!」という意味ではありません。

 

ここで言う「強い」は、「読み手の感情を刺激する」という意味。

 

想像してみてください。

 

自分が作り出す全ての文章が、読み手のココロを揺さぶる力があれば・・・

 

  • 仕事でのプレゼン資料
  • 友だちや家族へのメール文章
  • ブログでの商品紹介ページ

読み手を、意のままに操る事が出来る文章が書けたら、それはそれは凄い事になります。

 

 

現実としては、文章で全ての読み手の感情を意のままに操る事は難しい。

しかし、ある文章表現のコツを掴めば、その確率を上げる事が出来る。

 

 

この本には、そのコツが具体的に書かれています。

 

せっかくなので、そのコツについて、一つだけ紹介しますね。

 

自分ごとのように考える

文章って、多くの人が

自分が言いたいように書く癖』があります。

 

しかし、これでは相手に届かない。

 

この商品は、●●という最新機能があってとても便利。
使ってみれば分かります!とてもオススメですよ!

こんな文章じゃイマイチ読み手には伝わりません。

 

これを読み手視点に書き換えると、

○○についてお困りではありませんか?○○の苦労は、私もよく存じていますし多くの方が悩んでいます。
その解決法を調べた結果、●●という商品を見つけました。
この商品は、きっとあなたの○○という悩みを解決してくれるでしょう!

 

文章量の関係で、少し雑な例文になりましたが、相手への影響力という意味では、明らかな差が出たと思います。

 

このようなライティングスキルが、具体的な表現方法を交えて説明されているのです。

 

 

これまで、たくさんの『コピーライティング関係書籍』を読んできましたが、私の中で『トップレベルに素晴らしい本』である事は疑い用もありません。

 

川上徹也さん、凄い人です。

 

 

【以下、Amazonから抜粋】

◆◆◆「強い文章力」とは何か?◆◆◆

なぜあなたの文章はスルーされるのか?
なぜ、あなたの仕事は前に進まないのか?

それは、「相手を動かすこと」を考えていないからだったのです。
情報があふれるこの時代、「相手を動かす文章力」は必携のビジネススキルになってきました。
本書は「確実に目にとまり、相手を本気にさせる文章つくり方と伝え方」を実況講座形式で学んでいきます。

企画書、Web、プレゼン資料、メニュー、チラシ――
ビジネスの成否を担う文章のコミュニケーションは、
「言葉の選び方」によって決まるといっても過言ではありません。

ビジネスがうまく前に進むかどうかは、
関係者(部下、顧客など含めてすべての人)がどれだけ本気で動いてくれるかにかかっています。
そこで必要になってくるのが、確実に目にとまり、相手を本気にさせる言葉の選び方伝え方。
SNS、ブログ、まとめニュースなどの情報がいたるところにあふれている今、
文字が目に入った瞬間に情報の取捨選択は行われています。

では、どうやったら「興味をもたれる文章を書けるのか?
その秘密を、ベスト&ロングセラー『キャッチコピー力の基本』(日本実業出版社)の著者、
川上先生に授業形式でレクチャーをしてもらいます!

「何を伝えるのか」から「どう伝えるのか」まで、
これを読めばあなたの文章は必ず人を動かすようになっているでしょう!

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。