neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

ブロガーなら誰しもが気になるアクセス数

 

特にブログの更新を始めた頃は、スズメの涙ほどしか集まらないアクセス数に一喜一憂するもの。私も”一桁PVのGoogleアナリティクス”をよく見たものです。

 

ブログのアクセス数なんて、始めた数ヶ月間はほとんどなく、半年から1年ぐらい経てば、まとまったアクセスが期待出来るようになるもの。

 

厳しい言い方をしますが、

ブログ運営の初期は、誰も読んでくれない記事を書き続ける!

 

これは仕方の無い事のようです。しかし、

 

『ブログ初心者のうちは、手っ取り早くアクセスを集める方法はないのか・・・』

 

この問いに対して、必ずしもNOと言えるわけではありません。

 

はてなブックマークの実力

ソーシャルブックマークサービスの『はてなブックマーク

 

いわゆる『はてブ』でブックマークされれば、生後数ヶ月のブログでも瞬く間にアクセスを大爆発させる事が出来るのです。

 

はてなブックマークでブックマークされる

ブックマークしたユーザーがTwitterで拡散

Twitterを見たユーザーがサイトにアクセス

そのユーザーがさらにブックマーク

ブックマークが3つ付けば『新着記事』として注目される

注目された記事は、より多くのアクセスを集め、ブックマークされたりSNSで拡散される

 

 

このようなスパイラルの影響により、アクセス数が爆発する事はよくある話。

 

つまり、『ブックマークとSNSの相乗効果でアクセスが増える』という事です。

 

しかし、この『はてなブックマーク』を使ったバズについて、私の見解はこうです。

初心者ブロガーのうちは、『はてブ狙い』の記事を書くべからず!

ではその理由を説明しましょう!

 はてブ狙いの記事を書く4つのリスク

①コンテンツ重視よりテクニック重視になるリスク

ブックマークとは、『お気に入り』のこと。

 

  • ”いつかまた読んでみたいな!”
  • ”この方法は保存しておこう!”

ブックマークされるには、こういった『保存版記事』である必要があるのです。

 

現に、大量のはてブを獲得している記事の内容は、

  • サラリーマンに役立つ無料アプリ30選
  • 東京の美味いラーメン店 ベスト20
  • 一人暮らしに役立つ豆知識50

など、複数の情報の集合体が多いのです。

 

確かに1つの知識(情報)だけを記事にしてネットに公開しても、読者は『その情報がベストなの?』と疑念を抱く場合があります。

 

しかし、複数の情報をまとめ、ランキングにし、その理由を記事にまとめれば、読者からの信頼はアップ!

 

永久保存版記事』の仲間入りを果たせる事になります。

 

はてなブックマークでブックマークされる記事にはこういった特徴があるのです。

 

永久保存版記事』はとても価値のある記事ですが、ではなぜそれがリスクなのでしょうか?

 

答えは、

はてブを意識し過ぎるあまり、コンテンツ重視ではなく、テクニック重視になり過ぎるから!

 

先ほど述べた通り、ブックマークされるには、複数の情報を結合させ、簡潔にまとめた記事が有利です。

 

『傾向を見ながらブクマされやすい記事を書く』

 

この方法を実践する事自体は悪い事ではないし、プロブロガーや有名ブロガーさんが投稿した大量はてブ記事は、いつも参考にさせていただいています。

 

しかし、今日のテーマは『初心者ブロガーのリスク』です。

 

ぶっちゃけて言いますけど、ブログを始めて間もない初心者ブロガーが、はてブ狙いの記事を書いても、魅力のあるコンテンツとなる可能性はきわめて低いです!

 

何でもかんでもまとめてランキングにしたらいい!というものではありません。

 

記事のテクニックは、魅力的なコンテンツが書けるようになってからでも遅くはないでしょう!

 

初心者ブロガーさんが目指すべき最初の山は『書き続ける楽しさを見いだす事

 

その一つに『アクセス数の増加』があるのも事実ですが、魅力的なコンテンツを投稿し続けている限り、いつかはアクセスは増えてきます。

 

最初の1年間ぐらいは、コンテンツ力をアップさせる事に注力した方が良いでしょう!

 

②まとめ記事が中心となるリスク

私もまとめ記事は何度か投稿してきました。

 

まとめ記事って、1つの記事のテキストボリュームが増える傾向にあり、書くのが結構大変なイメージがありますが、実はその逆

まとめ記事って書くのが楽!

全体を見ればボリュームがあったとしても、一つの情報を見れば内容は少ない。

 

まとめ記事には、個人の考えやモノの見方を十分に挿入するのが難しく、『楽に書ける』という反面、いつもまとめ記事を書いていると、ライティング力が下がってくる気がします。

 

個人ブログというのは、自分(だけ)が知っている情報を、自分の視点で記事にするから価値が出るのであって、情報をまとめただけのサイトなら、専用サイトやプロブロガーにかなう訳がありません。

 

ブログに自分の考えを入れた記事を投稿し続け、ブログを成長させる事によって自分メディアが作られます。

 

その目標達成の初期段階では、まとめ記事よりも一つの情報を掘り下げて、自分の考えを入れた記事を投稿する方が良いでしょう!

 

③書きたい記事が書けないリスク

先ほども言いましたが、はてなブックマーク狙いの記事は、『ブックマークされやすい記事』の法則に従って作り上げる必要があります。

 

そして、この法則に従って文章を書くことは、慣れていないブロガーからすると、なかなか面倒なのです。

 

例えばブログの投稿癖で、『ページの序盤に世間話や近況報告を入れたい!』という方の場合。

 

もし、冒頭の挿入部分が長い記事をネットサーファーが読んだ場合、それがソーシャルでブックマークされる確率は劇的に低いでしょう。

 

ブックマークされるのは、『今後も使えるレアな情報、またはそれらの集合体』です。

 

はてブを意識するあまり、自分が書きたいように書けなくなると、ブログ運営も面白くありません。

 

何度も言いますが、やはり個人ブログは『書き続ける楽しさ!』を目指して継続する事が重要なのだと思います。

 

④思ったよりブックマークされないリスク

現実問題、有名ブログや有名サイトでないとコンスタントにはてブを獲得するのは難しいのが現状。

 

友だち同士で『はてブ同盟』を組んで、相互ブクマしてもいずれはペナルティで引っかかるでしょうし、内容(コンテンツ)が充実していないと、相互ブクマで新着ブックマークに登録されたとしても、ホットエントリー入りは出来ないでしょうね。

 

はてなブックマークでホットエントリーを狙うなら、それに相応しいコンテンツを用意するのは必須。

 

さらに言えば、その充実したコンテンツをコンスタントに投稿し続ける事が必要なのです。

 

余程のライティングスキルや強い文章力を持った人でないと、初心者ブロガーのうちは難しいでしょうね。

 

結論

少なくとも最初の1年間は、自分が書きたい記事を書き続けた方が良いでしょう。

 

そして、文章力が付いてきたら、そこから初めて『戦略としてのブックマーク狙い』を行えば良いのです。

 

最近のGoogle検索エンジンアルゴリズムの変更で、『まとめ記事』の検索順位についてネット上で話題になりました。

 

まとめ記事が全て検索順位のランクダウンになるとは思いませんが、もしそうなればアクセス数集めの仕組みも大きく変わる事でしょう。

 

ブロガーやサイト運営者の指名は『独自性があって、分かりやすく有益な情報をネット上に公開する』事です。

 

つまり『コンテンツ重視』

 

テクニックに走らず、まずは『誰にも負けないコンテンツ作り』が出来る技術を身に付ける必要があるのです。

 

(今回の記事は、完全に自分にも言い聞かせています!)

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。