neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

昨日投稿した「外付けHDDを使っているMacユーザーは必須!TimeMachine導入のススメ」という記事。

 

Mac通なら、「そんなことは当たり前だよ!」って言われるような内容を、偉そうに説明させていただいたのですが、思い返すと若干説明不足気味。

 

MacBookになぜTimeCapsuleが必要なのか?

 

その質問にははっきりと答えていなかったかもしれません。ということで、今回はもう少し詳しく説明しようと思っています。

 

MacBookにデータを入れ過ぎるのはもったいない!

まずはこの言葉。

”SSD”という言葉をご存知でしょうか。

 

SSDとは、Solid State Driveの頭文字を取った言葉で、ハードディスクよりも読み込み・書き込み速度が劇的に早い記憶装置のこと。

 

SSDは、私がMac好きとなった理由の一つと言っても過言ではない機能で、何と言っても「処理速度が速い!」

 

  • パソコンの起動
  • アプリの立ち上がり
  • 動画編集速度

あらゆる部分において、ストレスの無いスピードが実現されるのも全てSSDのおかげと言っても良いでしょう。

 

そんなSSDですが、実は2つの大きなデメリットがあるんですね。

 

それは「価格」と「容量

普通のハードディスクよりも約10倍ほど値段が高いのです。だから、MacBookにSSDを搭載させるオプションを追加するとかなりの追加料金が発生するのです。

 

最新版のiMacやMacBookでは、1TBのフラッシュストレージが搭載されているものの、その価格はHDDのものと比較するとかなり高額。

 

フラッシュストレージは大容量化が難しいようで、それを実現させるとどうしても価格が高くなってしまうようです。

 

つまり、SSDが搭載されたMacを使うものにとって、大事な事は「高速処理させたいデータだけSSDで保存し、それ以外のデータはSSDを圧迫しないようにHDDに退避する」という運用が望ましいのです。

 

せっかくのSSDが「どーでもいいデータ」で占領され、全体のパフォーマンスが落ちてしまったらSSDの意味がないですよね。

 

そこで登場するのが「外付けハードディスク」なのです。

 

何かと便利な”外付けハードディスク”の活用法

外付けハードディスクは、いつでも気軽に抜き差し出来るドライブ。

 

「普段使わないデータだけど、たまにはデータを見るかもしれない。」

そんなデータは外付けハードディスクにデータを退避しておきましょう!

 

「普段使わないデータ」というのは、「毎日使わないデータ」という意味。

 

  • iTunesのデータ
  • 動画編集用のデータ
  • 全ての写真データ

これらのデータは全て外付けハードディスクに移動させて、使う時にアクセスするという運用が良いのです。

 

iMacなら特段問題ないけど、MacBookなら外付けHDDを常時接続させておくのはちょっと不細工。

 

それにHDDも持ち運ぶとデータ破損の恐れがありおすすめしません。

 

『使うときだけ差し込む!』これがスマートな使い方でしょう!

 

一方で、前回も書いたとおり、”外付けハードディスクは壊れやすい!”

ひょんな事から動かなくなる事が十分起こりえるわけです。

 

なので、外付けハードディスクを選ぶ際はMacとの相性を最大限に考慮した方がいいでしょう。
(私は、外付けハードディスクで最も有名なB社を使って、過去3回壊れた経験があります。)

 

Mac推奨のHDDはAppleStoreで取り扱われているものなら全てOK!多数の種類があるから、自分の使用用途に合ったドライブを選びましょう。

 

アップルオンラインストアはこちら

 

外付けも本体も毎日自動バックアップ!

SSDも整理した!
外付けハードディスクも買った!

 

すると最後はバックアップ体制の構築、つまり『TimeMachine』の出番です。

 

TimeMachineという言葉を初めて聞いた方の為に簡単に説明すると、TimeMachineとはMacに標準搭載されている自動バックアップ機能のこと。

 

バックアップ先のドライブを指定しておけば、決まった時間に前回データの差分バックアップが自動的に開始されるのです。

 

この機能に何度助けられたことか!

 

  • 間違って消してしまっていたデータも、瞬時に元通り!
  • 外付けハードディスクの故障によって消失したと思われた写真や動画データも、難なく元通り!

 

この機能のが優れているのは『全て自動で行われる』という点なんですね。

 

TimeMachineはとても重宝する機能ですが、ネックはデータ容量。TimeMachineではあらゆるデータのバックアップが行えるのですが、対象のデータ容量が大きくなると、バックアップデータの保存先もそれなりのモノを用意する必要がある。

 

我が家の環境で言うと

MacBook Pro 256GB

MacBook Air 128GB

外付けHDD 500GB

 

これを全てバックアップすると、少なくとも900GBぐらいは必要になってくるのです。

 

しかも、デイリーの差分データを取っていくことになると、実際はもっと容量は必要なわけです。

 

2TBぐらいの外付けハードディスクを買ってきてUSB接続しても良いのでしょうが、「壊れやすい」「(USBポートの)数が少ない」、「(常時接続は)かっこ悪い」という”3K”の理由で、私はバックアップデータの保存先として外付けハードディスクを選んでいません。

(3Kはこじつけでしたか。。。)

 

色々と検討した結果、私が選んだのはApple純正のバックアップマシーン『TimeCapsule』です。

 

TimeCapsuleはバックアップだけじゃない!

我が家で導入しているTimeCapsuleは2TBのものを使っています。これは単にデータ保存先の『外付けHDD的な役割』だけではありません。

 

  • 無線で繋がる。
  • Wi-Fiのルーターにもなる。
  • 共有サーバー的な役割が出来る。

もちろん、「1台のMacとTimeCapsule」という組み合わせでも、そのパフォーマンスは素晴らしいと思いますが、おすすめなのは『一家のなかで複数のMacを利用する人』

 

家の中にある全てのMacのデータバックアップが自動で行われるし、TimeCapsuleの本体が無線のルーターにもなる。

 

他社製の無線バックアップ装置もあるようですが、やはり『MacにはApple純正の周辺機器』が絶対イイ!

 

価格は少し高いけど、安心と便利さを考慮すれば決して高い投資ではないでしょうね。

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。