neverfadeタイトル
サイト内検索:

 

ソフトバンクのiPhoneユーザーのみなさま

 

今日は、『注意喚起』のご連絡

 

まぁ、改めて私が言うことではないのですが、

不注意によるちょっとした不具合が発生したので、

 

「みなさん気をつけてくださいね〜!」

 

という話。

 

その不具合とは、インターネットの読み込みスピードの急激な低下です。

 

インターネットやFacebookが使い物にならない!?

 

不具合が発生したのは水曜日の朝。

 

電車の中で、いつもと同じように何気なくSafariを立ち上げたのですが、

いつも見ているサイトの読み込みスピードがやたら遅い。

 

遅いというよりも、全く進まない

 

そのときは、

 

「今日は電波状況が悪いのかな?」

 

程度にしか思っていなかったけど、

その日は、一日中読み込みスピードが遅かった。

 

しかも、その影響はSafariだけではなく、

 

  • メールの送受信
  • Facebookのページ更新
  • テザリング

など、あらゆるネットサービスが激遅状態なのです。

 

これは

「電波の状況がわるいだけ!」

と片付けられる問題ではなさそう。

 

このまま放置して、回復するまで待つか?

とも思っていましたが、iPhoneに頼り切った生活をしている関係上、

ネットが使えない状態ではストレスがたまる一方。

 

 

痺れを切らして、原因追及することに。

 

すると、思いのほか簡単にネットの不具合の理由が分かりました。

 

その理由とは、

『インターネットの使い過ぎ』

 

使い過ぎによるペナルティ

 

iPhone5以降利用が可能となった高速通信回線LTE(4G)

 

以前の3G回線と比較すると、データ転送量が増え、

ページの読み込みや動画の閲覧も快適になったのはメリットですが、

一方で、”データ転送量の制限”なるモノが設定されていたのです。

 

まぁ、簡単に言うと、

LTEはたくさんのデータが転送出来るけど、ユーザーのみんなが一斉に膨大な量のデータを扱うと、さすがのLTE回線もパンクしますよ!

節度を持って利用し、使いすぎた人はちょっと休憩してくださいね!

といったところでしょうかね。

 

 

以下、SoftBankからの飲用です。

通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のため、直近3日間(当日は含まない)に約1GB(839万 パケット)以上の大量の通信をご利用された場合には、通常速度に戻すお申し込み有無に関わらず、当日6時から翌6時の間に通信速度の制御を実施する場合があります。
通信速度の制御がかかった場合、直近3日間のデータ通信量が1GB未満になると自動的に解除されます。なお、お客さまによる解除はできません。

 

わたしは、この『3日間で1GB(839万パケット)』を超えていたようです。

 

ちなみに、データ使用量はマイソフトバンクで確認出来ます。

 

①マイソフトバンクのメニューをクリック

 

②ご利用のデータ通信料を確認する

 

③データ通信量の照会

 

④過去3日間の通信料

 

スクリーンショットの画像でも分かる通り、3日間の合計が1.1GBを超えています。

 

1.1GBってどれぐらいの使用量だと思いますか?

 

あまりピンとこない数字ですが、例えて言うと、

 

動画なら4時間程度

 

4時間も動画を見たのかどうかは定かではありませんが、

確かに、この2日間は東京遠征中だったため、

新幹線の車内でのテザリングと

在来線移動時のYouTube閲覧はヘビーで行ったのは事実。

 

その結果、3日間(正確にはほぼ2日間)で1GBを超えてしまったのでしょうね。

 

 

お前!

使い過ぎじゃ!

 

というペナルティです。

 

対処法はない!

 

利用制限がかかっている間は、注意書きにも書かれている通り、

自分で利用制限を解除することは出来ないようです。

 

つまり、3日間待つしか無い!

 

これは辛い。

 

これじゃあ、

テザリングも出来ないし、

メールのやり取りも遅くなるし、

Facebookも見れない。

 

かなり生活に支障が出てしまいます。

 

制限解除までの間はおとなしくするとして、

今後は、『3日間で1GB』という基準を頭にいれながら、

iPhoneの計画的利用をしていきたいと思います。

 

 

みなさま

ご利用は計画的に!

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。